閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

版画専攻

伝統木版画から3Dプリンターまで

様々な複製メディアの可能性を探る。

教育目的

制作風景

現代の社会は,さまざまな印刷物で溢れています。人々は,世界中にはり巡らされた情報伝達のネットワークを通じて,お互いのやり取りをする事も,不特定の相手に発信する事もできるようになりました。これらに先鞭をつけたのは,版画という複製技術でした。複製技術の出現は,人々の生活を根本的に変えてしまったといってもよいでしょう。そのような時代にあって,美術はどのような役割を果たすべきなのでしょうか。

版画専攻では,「版画」を複数性と間接性の美術一般と大きく捉え,4つの基本的な版画技法である,銅版画,木版画,リトグラフ,シルクスクリーンを土台に,写真やデジタル処理を含む,様々な複製メディアの可能性を追求し,独自の視点を持った表現者を育成することを目的としています。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

この教室では“版画”が複数生産可能なものであり,間接手段を使うことを理解してもらうことがとても大切だと考えています。基礎の間に木版・孔版・石版・銅版・写真等を学び,それぞれの工房を選び(工房同士を行き来することもできます)複製技術・間接技法を軸にした学生独自の表現を見つけ出す研究制作を行います。

1年次~2年次前期

1年次前期の総合基礎実技を経て, 版画を専門的に受講する前段階として, 1年次後期からの美術科基礎の中から《版画基礎A(1年次後期)》,《版画基礎B(2年次前期)》のいずれか又は両方を履修し,ドローイング,イメージ構成などにより作品制作の基礎造形力を養います。

「版画基礎A」では,技術習得を基盤とした「シルクスクリーン基礎」「木版画基礎」,「版画基礎B」では,「銅版画基礎」「リトグラフ基礎」を開講。また,版画の現状を紹介し論ずる「版画論」,アナログ・モノクロ写真とデジタル画像処理の基礎「映像」も,並行して教授します。

2年次後期及び3年次

基本4版種(下記の表を参照)の中から一つのメジャーワークショップ(工房)を選択します。工房同士は緩やかに結びついているため,例えば,写真製版工房は全版種共通で利用でき,カリキュラムは,工房ごとのスキルアップと版種を越えた作品指導が混在しています。

授業では,適宜開かれる合同合評会に出品し,版画の技術・知見を向上させますが,ステップ アップのための技法演習は,作品に応じた個別指導,グループによる演習など様々です。また,世界で活躍する作家,専門職の技術者などを招いた特別講義も行います。

基本4版種

凹版 一般的にエッチングなどの銅版画など
凸版 水性板目木版などに代表されるなど
平版 天然石石版画,金属リトグラフなど
孔版 シルクスクリーンなど

4年次前期・後期

これまでのカリキュラムに加え,文書講読を主としたゼミが行われることもあります。卒業生全員,共同でのポートフォリオ制作や,卒業制作,作品展出品を目標とします。

在学生の声

木版画,銅版画,リトグラフ,シルクスクリーンの四版種をはじめ,写真やデジタル処理などのメディアについてなど幅広く学べたことで,自分の表現の方法が広がったことは,版画専攻を学んで良かったと思うところです。

ただ平面の作品をつくるだけでなく,ZINEなどの小冊子やポートフォリオの制作用写真の撮影などもできるようになりました。

複製メディアの分野を幅広く学び,色々なものを使っていきたいと思う人にぴったりの専攻だと思います。

高木柚衣(4回生

授業に関連した専攻での活動について

版画集制作授業

30年以上続いている,卒業・修了生による版画集制作。作品を複数制作することが出来る特徴を生かして,制作された版画集は貴重な資料として研究室や図書室などに保管され続けており,また各自の手元に1部ずつ渡されます。ここで制作された版画は,年度毎に行われている芸術系大学版画ポートフォリオ展に出品しています。

版画集制作授業

3回生企画授業「SURISURI BOOKS」

版画専攻3回生を対象とした企画の発案,実践の授業。例年,担当教員の指導のもと,学生を主体とした展覧会の企画などを行なっています。2018年度は学生一人ひとりがZINEもしくはアーティストブックを制作し,それを通して他者との交流を行いながら,自身の興味をどのようにシェアするか,どのように販売するのかを考えました。最終の成果発表として,学内でZINEの展示と販売を行いました。

3回生企画授業「SURISURI BOOKS」

全国大学版画展

日本全国の美術大学・教育系大学・専門学校の学生による版画展。2017年度は本学版画専攻から11名が出品しました。300点近くある力作の中から与えられる優秀賞に,本学の学生4名が受賞しました。

全国大学版画展

四条ストリートギャラリー制作風景

2009年度,四条ストリートギャラリー参加のシルクスクリーンによるガラス壁面へのインスタレーション作品「通貨ー通過」の制作風景です。学生達のアイデアが下京区の四条FTスクエア出入り口のガラス戸に形作られていきます。

学生作品

干支

氏名:長野 美里 制作年:2017年  制作した学年:4回生


ランドセル

氏名:有吉かな子 制作年:2015年 制作した学年:3回生 技法:木版画


しんごる

氏名:水野真緒 制作年:2016年 制作した学年:3回生 技法:リトグラフ


c

氏名:永松奈奈 
制作年:2016年 制作した学年:4回生 
技法:石膏刷り


crowded space #2

名前:山本知穂 制作年:2018年 制作した学年:修士1回生 技法:リトグラフ


projection-がっこう-

名前:小川紗季 制作年:2017年 制作した学年:3回生 技法:シルクスクリーンオンペインティング


名前:牧野花奈子 制作年:2018年 制作した学年:4回生 技法:エッチング


林檎

名前:鈴木真衣子 制作年:2018年 制作した学年:4回生 技法:油性木版


教員紹介

非常勤講師(実技)一覧

  • 伊藤学美
  • 松元悠
  • 藤田紗衣
  • 上田優奈
  • 桐月沙樹
  • 清水穣
  • 高橋耕平