閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

構想設計専攻

「構想」を「設計」する,本学独自の専攻。

多面的な手法で現象を捉え直す。

教育目的

制作風景

構想設計ではプラネタリー(planetary/地球的・世界的)な視座から,ヒトと自然,ヒトと情報,ヒトと社会の相互作用に関わる制作や研究を行います。

芸術作品の表現やそれを支えてきた歴史を自明のものとせず,絵画,彫刻,工芸,デザインなど特定のジャンルから抜け落ちる異物やノイズを多様な方法ですくい上げ,芸術を媒介にした,多元的な生の在り方に繋がる術を身につけることを目指します。

本専攻の卒業生の多くは,大学院進学および海外の大学院(英国王立美術大学,クンスト・アカデミー,エコール・デ・ボザール,イェール大学,コロンビア大学など)への留学,大学教員・研究員などのほか,ゲーム開発・広告業界・テレビ局・イベント企画・店舗設計,さらにはファッションデザイン・映画制作・アニメーションなど,多岐に渡る分野で活躍しています。

授業概要(カリキュラム)

構想設計専攻は,映像,メディア,構想の3つのゼミが開かれ,これらのゼミが相互に関係することで専門領域にとらわれることのない多面的な活動が行われます。授業では,写真,デジタルビデオ,コンピュータグラフィクス,アニメーション,プログラミング,インスタレーション,工作機械などの技術演習と,セミナー,ワークショップ,理論演習や学外の研究機関・地域と連携した研究・フィールドワークなどを行うことで,総合的な構成力と社会に対する表現技術を養います。

1年次~2年次前期

制作風景

1年次前期の総合基礎実技を経て,1年次後期からの美術科基礎の中から,《基礎A(1年次後期)》と《基礎B(2年次前期)》を自由に選択し履修します。※構想設計専攻に進むには《構想設計基礎A》,《構想設計基礎B》のいずれかの履修が望ましい。

「構想設計基礎A」,「構想設計基礎B」では,従来の専門メディア・技法習得型の教育ではなく,「イメージ・身体・言語」,「人間・時間・空間」,「システムとプロセス」等の基礎概念の検証をもとに柔軟な発想と独自の表現方法を身につけることを目指します。技術面ではフィルムでの撮影と現像,デジタルフォトグラフィー,映像・映画,サウンド,プログラミング,インスタレーション,工作機械などの基礎を取得します。

2年次後期~4年次

2年次後期からは,構想設計基礎A・Bでの経験を継続的に発展させると共に,映像・インスタレーション・言語・パフォーマンス・インターアクティブメディア・サウンドなど,個々の学生の発想・興味・資質に応じた自由な表現方法を学生が主体となって実験的に作り上げます。

さらに学外の研究機関・地域と連携したフィールドワーク,講読セミナー,ワークショップ,理論演習などを行うことで,総合的な構想力と社会に対する表現技術を養います。

4年次は,表現を他者との文脈に関連させる批評性を身につけることを目指し,1年間の個人プロジェクト演習が行われます。

各ゼミの説明

高橋ゼミ 構築:芸術を媒介に多様な領域を関係付け,新たな概念,空間,状況を構築
砥綿ゼミ 情報と記録:映像や写真を含む情報メディア並びにプログラミング,記録と歴史・記憶
石橋ゼミ 相互行為:集団やコミュニケーションの視点から身体・映像・映画など様々なメディアを活用した演出

在学生の声

在校生の声

構想設計の魅力は、ゼミ間の垣根も低く、常に内外の様々なジャンルの人から刺激を受けて作品制作を行える点です。また留学生も多く、自分の視野を広げていくこともできます。制作に関しては、表現媒体にとらわれることなく、それぞれの学生が多様な表現方法を模索し、そのアイデアや考えを実現するための指導を受けることができます。自分の構想を最も魅力的に、また最適に表現するための力を養っていける専攻です。

堀江 菜緒(修士課程2回生

授業に関連した活動

大阪電気通信大学との共同撮影ワークショップ

専攻の活動

大阪電気通信大学の映像チームと共同で短編映像を企画・撮影・編集しました。技術と感性の部分でお互いに影響を与え合うワークショップを約3ヶ月間行いました。

地域連携プロジェクト

専攻の活動

京都大学医学部との連携教育・研究や,老人グループホーム,都市計画NPOとの連携による地域連携プロジェクトなど,様々な活動を通して,大学が社会に開かれる可能性を探究しています。

舞台ゼロゾーンの公演

専攻の活動

ギャラリー@KCUA(アクア)の主催で行なった「禅」をテーマにした 演劇,ダンス,音楽の複合型のパフォーマンスを京都芸術センターで公演しました。パフォーマー・制作者・美術スタッフとして,多くの学生が参加しました。

動画による学生作品

学生作品

Ground for

氏名:猪俣寛太郎 制作年:2017年 制作した学年:4回生

死児の齢を数える/割れた茶碗を接いでみる

氏名:酒井優衣 制作年:2017年 制作した学年:4回生 市長賞

教員紹介

非常勤講師(実技)一覧