閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

総合基礎実技

40年を超える実績 新入生のすべてが履修するプログラム

授業風景

美術学部は、美術科、デザイン科、工芸科、総合芸術学科の4つの学科から成ります。入試は、この4つの学科ごとに募集し、各専攻に分かれるのは、1年次前期の「総合基礎実技」を履修した後、各専攻の基礎を学んでから。2年次以降(デザイン科は3年次以降)、それぞれの専攻の学びと実技へと進んでいきます。

本学の芸術教育の特色は、創造活動の土台となる基礎力の育成を重視する点にあります。入学後の半年間、美術学部すべての新入生が、科・専攻の枠を越え、総合基礎実技を履修します。

授業目的

美術学部には、40年以上の実績がある領域横断型のユニークな授業があります。それが「総合基礎実技」(略称:総基礎)です。受験実技から創作の世界へとスタートを切る上で、非常に重要なプログラムとして、この授業を位置付けています。

美術学部の新入生は全員、所属の科に関係なく4クラスに編成され、科の枠を越えた課題に取り組みます。指導を担うのも、実技や学科、専門分野の枠を越えた教員です。各領域に通じるテーマが設定され、テーマに基づく課題を展開していき、展示として成果を発表します。授業の形態は、関連講義のほか、ワークショップや、チュートリアル(個別指導)、個人またはグループによる制作、学外研修、発表、合評などさまざまです。

入学直後から半年にわたり取り組む中で、異なる方向性を持った学生同士、学生と教員の間にコミュニケーションが生まれます。自己の視野を広げ、多様な学問領域の人との交友関係を築いていくことも、芸術という大海に船出するための豊かな礎になります。

2023年度 総合基礎実技 課題テーマ 『MOVE』

授業風景

移動する、動かす、引っ越す・・。

人は同じところにとどまることなく、常に変化を求めることで社会や歴史を作って来ました。

京芸も、沓掛から崇仁へ全面移転という大きな転換期を迎えます。総合基礎実技ではその現場とまさに対峙しながら、 美術とは一体何なのかを、みなさんと一緒にユニークな課題を通して考えました。

新入生135人、ひとりひとりの小さな波が大きな新しいうねりとなることを願っています。

第1課題 「うつしを束ねる」

授業風景

古来より画家は自画像をたくさん描いてきました。美術家にとって自分の姿は最も身近な生きた対象であり、常に自分の身体を通して世界を見つめてきたと言えます。自画像とは一体何でしょうか。また等身大に描くとしたらどんなものが想像できるでしょうか。
芸大生となった皆さんが京芸キャンパスに思い思いの「場」を見つけ出し、その風景の中に設置することを前提として、「等身大の自画像」を制作します。個としての自分を見つめ、京芸という場所と共鳴することで「美術の力」を考えていきます。

第2課題 「身体」

授業風景

私たちの身体は、私たちの外的世界(物理的・社会的環境)と内的世界(自我・主観的世界)を繋ぐ欠かすことのできない媒体です。身体機能のなかでも感覚はとりわけ重要な媒体と言え、日常・社会・創作活動な ど様々な面でイン・アウトプットの役割を果たします。本課題では、全 体テーマ「MOVE」を「体を動かす」という意味で捉え、身体とりわけ 感覚を研ぎ澄まし、スポーツなどの身体運動を創作的・社会的競技種目 に変容させます。そして、考案した新種目で「超運動会」を行います。

第3課題 「うごく依りしろをつくる」

授業風景

本学沓掛校舎では40年以上ものあいだ学生や教員をはじめとした様々な人の様々な活動がおこなわれてきました。本課題では、そのような蓄積による芸術の「精霊」のようなものが沓掛校舎にあらゆる場所偏在していると仮定し、それら「精霊」を新しい沓掛校舎に引っ越しするための「うごく依りしろ」を制作し、実際に自分たちで沓掛から崇仁に移動してもらいます。見えないもの触れないものに形を与え自分たちで移動させることを試みます。

第4課題 「そうきそ展をつくる」

授業風景

私たちは日々なにかをつくり、なにかを表現しています。その作品、その制作活動がどんなものかということの意識は、作品がより外に開かれ他との関係が構築されていくことで徐々に得られます。本課題では、第1課題~第3課題において制作した作品を発表するための展覧会をつくります。これまで、総合基礎実技で自分たちがつくってきたもの、みてきたものを自分たちでまとめなおし「そうきそ展」の企画・実施を行います。