閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

日本画専攻

140年の歴史と伝統

理論,技法,描く力を養う

教育目的

制作風景

日本画専攻は,本学が1880 年に日本初の公立絵画専門学校として開設されて以来,日本画の制作指導と,制作理論の研究を行ってきました。連綿と続いてきた基礎技術の指導により表現技法を習得した上で,現代における日本画表現と技法を学び,また制作理論の基礎を研究し,日本画を制作していきます。

同時に古画研究を通して,古典絵画における様式研究や技法研究を行い,原作の評価と鑑賞の方法を学び,日本画制作における評価能力を養います。

伝統に培われた指導により技術を獲得し,さらに今日的な感覚と知識,絵を見る目をもち,日本画制作を続けていく力を修得します。

授業概要(カリキュラム)

専攻基礎実技「日本画基礎A・B」(1年次後期・2年次前期)

授業風景

1年次前期の総合基礎実技を修了後,すぐに専攻基礎実技が始まります。「日本画基礎A」・「日本画基礎B」では,ものの見方や捉え方をさまざまなアプローチによる写生や古画研究などを通して学び,この後の日本画材を用いた絵画制作のための基礎を養います。

人体(2年次後期)

「人体」を対象にした課題です。ヌードモデルのさまざまなポーズを,主に線を用いたデッサンで量感や空間の捉え方などを意識しながら何枚も行います。それらを基に,日本画材を用いた絵画制作を行います。

地面(3年次前期)

「地面」を対象にした課題です。地面の広がりや抵抗感,温度や湿気など,身体性を伴うさまざまな要素を,実際の野外での写生を通して学びます。それらを基に,日本画材を用いた絵画制作を行います。

研究室1・2・3(3年次後期・4年次)

3年次後期より,3つに分けられた研究室から1つ選択し履修します。研究室の変更は半期ごとに可能ですが,4年次からは通年で履修することが望ましいです。

研究室1 古画(近代以前の日本美術や日本美術に影響を及ぼしてきた異文化の古典絵画など)の技術や様式を学び取り,自身の創作にいかに還元できるのかを探りながら作品・研究を展開していきます。
研究室2 主に外界の写生を通して対象を観察し,現場から身体感覚として得たものを基に本画制作へ進むというプロセスを軸にした作品を展開していきます。
研究室3 写生から本画に至るまでのさまざまなプロセスの可能性を,チュートリアルなどを通して実践的に探り,作品を展開していきます。

在学生の声

やればやるほど奥深い日本画。制作にやりがいを感じています。

堀 花圭さん(日本画専攻4回生)

日本画専攻では,先人が描いた古典画を模写することで技法や表現方法を追体験し,大学で保存されている本物の作品を見て勉強します。写生や素材についての学びを通して技術と知識を深め,自身の作品を制作していきます。日本画の素材は幅広く表現技法も多様で,自分に合った描き方を選択しながら,さまざまな表現の絵を描くことができます。

高校では油画を専攻していましたが,大学では岩絵具がもつ自然できれいな色彩に魅了され日本画を専攻しました。日本画は奥深く,やればやるほど新たな課題が見つかり制作にやりがいを感じます。

制作室は共同スペースで,後輩や先輩の作品から刺激を受けたり意見を聞いたり,一つひとつの発見や出会いが新鮮で,毎日がとても充実しています。

専攻独自の取り組み

日本画教育と研究を再構築

日本画研究室では,教員と学生が「現在の大学における日本画教育と研究を,今日的な視点から見直し,改めて再構築する実践と研究」に取り組んでいます。

その内容は日本画制作を軸とした研究,カリキュラムの改善,学生のさまざまな進路に生かせる教育体制の構築,社会資源としての活用など多岐にわたります。

伝統的かつ柔軟なカリキュラム

この「現在の大学における日本画教育と研究を,今日的な視点から見直し,改めて再構築する実践と研究」に基づき,2015年度より,現在の多様化する日本画表現に対応すべく,3年次後期より選択できる特色の異なるゼミを3つ開設しました。さらに今後の展開として,これまでの学部4年間のカリキュラムを見直し,本学日本画専攻の特徴の一つでもある写生教育を引き継いだ,「見ること・捉えること」に重きを置く新しいカリキュラムをスタートさせます。この,創作の原点とも言える力を磨き,卒業後の学生のさまざまな進路の中で,刻々と変化する今日的な課題にも柔軟に対応できる能力を身につけます。

東アジアレベルでの岩彩画の展開

岩彩画(中国での日本画材を用いた絵画の名称)研究において,中国との国際交流を行ってきました。2019年度は,中央美術学院・上海美術学院の教員を招聘し,中国での岩彩画教育と本学日本画教育の現状について意見交換をしました。

学生作品

地面課題

氏名:谷川真紀
制作年:2019年
制作した学年:2回生

地面課題

氏名:久田葉月
制作年:2019年
制作した学年:2回生

《物思い》山口賞

氏名:木岡史
制作年:2019年
制作した学年:4回生

氏名:小杉夏希
制作年:2019年
制作した学年:4回生

教員紹介

非常勤講師(実技)一覧