閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

2023年4月、デザイン科は新体制へ

2023年度,デザイン科は新しい体制をスタート!

変化する社会の諸問題に柔軟に対応するため,2023年4月よりデザイン科は新しい体制をスタートさせます。 これまでの「ビジュアル・デザイン専攻」,「環境デザイン専攻」,「プロダクト・デザイン専攻」を一つに統合し, 「総合デザイン専攻」とするとともに,新たな領域である「デザインB専攻」を設置し,ニ専攻体制に変更します。


取組の様子

近年,様々な領域でデザインの発想法や考え方が注目を集め,デザイナーの役割が地域のコミュニティづくりやオンラインのサービスづくりなど形のないものにまで及び,デザインの社会的意義は根本的に変わってきました。そのようななか,デザイン各分野の専門性だけではなく,柔軟で横断的に活躍するデザイナーが今日の社会にとって必要になってきたと言えます。そして,デザイン教育もこういった時代の変化に対応したものに更新する転換期に来ています。現在を生きる私たちは,環境問題をはじめとする様々な社会問題を抱えています。われわれ全人類が解決すべき課題に対して,デザインは何をすべきか。本学では,このことに対して真摯に向き合ってきました。そしてこの度,専門性の協働や横断性が求められる社会の要求に応える形で,既存の三専攻を一専攻に統合する「総合デザイン専攻」と,既存の枠組みや概念を超えてより実験的かつ先端的なアプローチで取り組む専攻「デザインB専攻」を新設し,これら二つの特色ある専攻を並走させることで,変化の激しいこれからの未来社会に備えて,様々な専門や新たな価値を常に取り込むことができる体制を整備し,継続的に新鮮なデザインの教育・研究を実践していきます。

総合デザイン専攻

これまでのデザイン科3専攻を一つの専攻に集約し,各領域の専門を深く研鑽するカリキュラムとともに領域を横断する授業を併せて行う専攻。基礎課程から段階を追って高い表現力を獲得し,社会に潜在する問題を発見・解決することができる高度な能力を持ったデザイナーの育成を目指します。

デザインB専攻

「B」は,「生成変化」を意味する“Becoming”の頭文字。多角的で実験的なアプローチを試行し,新たな価値を創造する新専攻。自らの学びを主体的に構築しながら,社会の未知なる課題を発見し,優れた解決方法をデザインできる人材の育成を目指します。