閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

陶磁器専攻

様々な角度から陶磁表現の可能性を探り

「やきもの」の本質を探求する。

教育目的

縄文時代から現代まで,「やきもの」は常に人の暮らしや地域・社会・芸術と関わって発展してきました。

陶磁器専攻では,「やきもの」の素材の理解と技術の習得をもとに,制作と研究を行います。また,陶磁器の様々な側面を研究することで,社会との結びつきや,その役割を考えます。作品制作を行う中で,機能と量産の考察,伝統技法からの展開,自由な思考による新しい表現など,様々な角度から陶磁表現の可能性を探り,陶磁器の本質を探求していきます。

陶芸の分野における確かな技術を習得し,専門的知識を生かした創作活動を行う事のみならず,社会において芸術の持つ可能性を認識し,専門的知識を活用できる人材を育成します。

授業概要(カリキュラム)

学部では,「やきもの」の成形・加飾・釉薬・焼成などの基本から応用を学び,様々な技術を習得します。また,陶土・磁土など素材の理解をもとに,陶磁器の創作と思考,研究を行います。

学生はセメスターごとに制作にあたり,研究テーマ・制作予定期間など具体的な研究届を提出し,教員と適宜ディスカッションを経て,セメスターの終了時には合評を行います。

また,非常勤講師や招聘講師による集中講義など,実践的な技術や表現を学び,現場の話を聞く機会を設けています。

さらに,研修旅行において陶産地に足を運び,窯業関係工場,美術館等を見学し,登り窯実習など薪窯での焼成体験などを通して,陶磁器全般に対する知識と理解を深めます。

【1年次】

入学後,半年の「総合基礎実技」を経て,1年次後期からは「工芸科基礎」において,陶磁器,漆工,染織の3専攻の専門課程の内容を知り,基礎的課題に取り組みます。

【2年次】陶磁器基礎A(前期)・B(後期)

基礎的な成型,装飾,焼成技術の習得の期間

成形技術として「ろくろ」「タタラ」「手びねり」の習得,装飾技術として「呉須(ごす)」「鉄絵」「化粧」などの基礎的加飾方法と,「釉薬実習」で釉薬と焼成の基礎的知識を取得します。

【3年次】

技術,素材などの制作プロセスから要素を発展させ表現へ導く期間

「生活とやきもの」「造形とやきもの」「社会とやきもの」のコースに分かれ,それぞれの課題に取り組みます。

前期は両コース共に磁器の技術として,石膏型による成形と,ろくろ成形を学びます。後期はそれぞれのコース課題に取り組み,陶磁器表現を,思考的な角度からの考察・歴史的観点からの考察・伝統技法からの展開など,制作を通じて陶磁器表現の可能性を探ります。

【4年次】

「創造」と「表現」への展開の期間

これまで習得してきた「素材」「技術」を生かし,自主テーマによる制作を通し,新しい「やきもの」の世界を開拓し,各自の陶磁器表現を目指します。後期は各自の制作を深め,卒業制作に取り組みます。

在学生の声

私は最初,独創性の溢れる作品を作りたいと思いこの専攻を選びましたが,予想と異なり2回生の前期は轆轤の基礎の技術を学ぶばかり。しかし,このカリキュラムを通して,独創性の溢れる作品を作るためには技術を習得し“土”という素材に寄り添うべきだということを学びました。

自分だけの力でできることと,土と炎の力を借りて自分の高めた技術と合わさってできることは天と地ほど差があります。また共同作業がとても多いこの専攻では,作品のことだけでなく人との付き合い方などについても学べる専攻だと思います。この専攻に入る前と後とでは比べものにならないくらい技術的にも人間的にも成長出来たと私は思うので,陶磁器専攻を選んで良かったです。

安田ひな野(3回生)

授業に関連した専攻での活動について

「京式登り窯」の共同利用による体験実習(産学公連携)

「京式登り窯」の共同利用による体験実習 「京式登り窯」の共同利用による体験実習

陶磁器専攻では,平成29年度から京都府宇治市にある「京式登り窯」体験実習を行っています。平成30年度は,京都市産業技術研究所との合同実習で,京焼炭山共同組合所有の登り窯を,組合の先生方の指導で薪割りから窯詰め・焼成・窯出しまでの実技訓練を通して京都の伝統的な焼成を学びます。

「生活の中の美術 ―食と工芸―」~自分の作った茶碗でご飯を食べよう!~

陶磁器専攻では,京都市立楽只小学校において,「生活の中の美術」と題した授業を実施しました。

自分だけの「お茶碗」を作ることによって,京都の伝統産業である「京焼」と,人にとっての「食事」について学びます。また,「やきもの」は窯で焼きます。その時に起こる変化は「化学」,「科学」の両面を目で観ることができます。

「お茶碗」を作ることによる自己表現,自分で目標を立てて作り上げる達成感など様々な要素を芸術が核となって,多方面へ繋いでいきます。

また,自分の手で「モノ」を作り,その「モノ」を使うことによって「モノ」を作る楽しさや達成感を体感し,この授業を通し,日常にある美術,芸術を感じてもらいました。

陶磁器専攻では,毎年国際交流展と他大学との交流展に参加しています。

アジア現代陶芸交流展

アジア現代陶芸交流展 アジア現代陶芸交流展 アジア現代陶芸交流展

日本・韓国・中国・台湾の美術大学による国際交流展。毎年陶磁器専攻の教員並びに大学院生,卒業生が自主的に参加しています。2018年は,47校約300人の多様な作品が展示されました。また,展示だけでなく,各国の陶芸事情などをテーマとした講演会,出品者による国際講評会も行われています。

  • 2018アジア現代陶芸交流展
    会場:弘益大学校現代美術館(韓国)
    会期:2018年9月8日~9月21日
  • 2017アジア現代陶芸交流展
    会場:愛知県陶磁美術館
    会期:2017年8月31日~10月22日
  • 2016アジア現代陶芸交流展
    会場:台北当代工藝設計分館(台湾 台北市)
    会期:2016年8月20日~11月20日
  • 2015アジア現代陶芸交流展
    会場:中国美術大学美術館(中国 浙江省杭州市)
    会期:2015年11月7日~11月17日
  • 2014アジア現代陶芸展
    会場:クレイアーク金海美術館ドームハウス(韓国 金海市)
    会期:2014年9月26日~2015年1月18日
  • 2013アジア現代陶芸展
    1部
    会場:金沢21世紀美術館(日本)
    会期:2013年6月18日~7月14日
    2部
    会場:愛知県陶磁美術館(日本)
    会期:2013年8月3日~9月29日
  • 新たな境地 東アジアの当代陶芸交流展
    会場:新北市立鶯歌陶瓷博物館(台湾)
    会期:2012年11月15日~2013年2月24日
  • 2011アジア現代陶芸の交流展
    会場:広東石湾陶磁博物館(中国)
    会期:2011年11月5日~11月30日
  • 2010アジア現代陶芸展展
    会場:会場:公益大学校美術館(韓国)
    会期:会期:2010年9月6日~9月17日

京都同時代学生陶芸展

本学,京都精華大学,京都造形芸術大学,京都嵯峨芸術大学4校の陶磁器を専攻する学生による交流展。毎年学部生,大学院生が自由に参加しています。

  • 合同陶芸展(第9回)
    会場:京都精華大学ギャラリーフローラ
    会期:2018年8月3日~8月5日
  • 京都同時代学生陶芸展(第8回)
    会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
    会期:2017年8月11日~8月13日
    2017年はソウル科学技術大学校の学生も参加しました。
  • 2016年までは,旧立誠小学校にて開催していました。
    会期:2016年9月17日~9月19日
       2015年9月19日~9月21日
       2014年9月12日~9月15日

学生作品

firster

氏名:清水朋花(2018年卒業) 制作した学年:4回生(2017年度作品展 市長賞)


Mac Guffin ~林檎

氏名:前田あかね  制作した学年:3回生(2017年度作品展 富本賞)


色絵五輪車文独楽形鉢

氏名:加藤 栞(2016年卒業) 制作した学年:3回生


虚飾

氏名:西久松 友花(修士2回生) 制作した学年:4回生


氏名:宮本 杏子(2015年卒業) 制作した学年:4回生


変わらない眼差し

氏名:高江洲 佳乃(2015年卒業) 制作した学年:4回生


クローゼットの観察

氏名:釣 光穂(2016年修了) 制作した学年:修士2回


Rebirth from the Fossil Specimen

氏名:王 裔婷(2015年修了) 制作した学年:修士1回


教員紹介

非常勤講師(実技)一覧

  • 毛利愛実子
  • 小坂むつみ
  • 潮桂子
  • 井上路久
  • 中村亮平
  • 平田万葉
  • 西條茜
  • 黒宮菜菜