歴史的音源で検証する20世紀ピアノ黄金期の音色

| 2020年度から |

プロジェクト・リーダー:梅岡俊彦(音楽学部非常勤講師)

歴史的音源と大型蓄音器を使い20世紀前半のピアノ黄金期の音色の魅力をオリジナルのサウンドで検証当時の巨匠達が愛用した欧米のトップピアノメーカーの個性溢れる音色を解説を交えて最高級蓄音器の音で紹介,エラール,プレイエル,ベヒシュタインなど今や殆ど聴く機会の無いピアノの銘器11社の音色の聴き比べを予定。
|共同研究者|松原聡 砂原悟(音楽学部教授)

ページトップへ戻る