感覚のアーキペラゴ

| 2014年度から |
*2018年度「未完の記譜法」から名称変更

プロジェクトリーダー:高橋悟(美術学部教授)

 西洋音楽の記譜法,日本の伝統音楽や民俗芸能を研究し,その解析や再現を進めます。同時に,作品や創作プロセスを含めて記譜法を広く捉え直し,記譜を新たな芸術創造の装置とみなし,表現の多様性を探ります。

【活動報告】
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度


・still moving – on the terrace展

ページトップへ戻る