声楽専攻

発生技法を幅広く習得し,

声と言葉を使って音楽を豊かに操る。

教育目的

授業風景

声楽専攻の一番の特徴は,まず私たちの身体そのものが「楽器」であることです。そのため,口から声を出す作業だけではなくそれぞれの「楽器」をよく理解した上で,共鳴,呼吸法,発声テクニックなどを四年間の個人レッスンを通して実践的に学びます。

同時に,私たち個人の感情や性格までもがその「楽器」を通してそのまま反映されるため,バランスのとれた人間性を目指すことも欠かせません。声楽テクニックだけに偏らない広い視野を持つことを目指します。

また,さまざまな言語によるテキストが必要なこともこの専攻の大きな特徴です。テキストの意味をより深く理解し,正しい発音によって表現することで,将来インターナショナルに通用する人材の育成を目標にしています。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

4年間を通して,声楽の基礎となる発声の技術を習得し,それぞれの持つ能力を高めると共に,ヨーロッパの音楽を中心とした古典から現代までの歌曲やオペラ・アリア,日本歌曲など,様々な声楽曲を個人レッスンの形式で学び,年2回実技試験を行います。

【1年次】

発声の基礎を学びながら,声楽についての知識をしっかり身につけていきます。声楽教則本(コンコーネ等)を用いながら,イタリア古典歌曲等を中心とした個人レッスンを受けます。

【2年次】

更に,他言語の歌曲やオペラのアリア等に幅を広げ,内容を深めていきます。

【3年次】

重唱やオペラ実習の授業で演技の勉強を始め,舞台表現者としての基礎を固めていきます。学年末に試演会で成果を発表します。

【4年次】

3年次で学んだ表現力をさらに深く学び,学年末には試演会においてその成果を発表します。また,あらゆる作品解釈の実践を通じ,より高度な音楽知識と演奏技術を習得します。

この他,基礎的な発音の習得を目的として,各年次にイタリア語,ドイツ語,フランス語,日本語のディクション(発語法)を学びます。個々のディクションの授業では歌曲の解釈も行い,試演会の場で発表します。

また,定期演奏会の演奏曲目として声楽作品が取り上げられた場合には,ソリスト(オーディションによる)や合唱として参加します。大学院のオペラ公演や4年次のオペラ試演会の際には,助演,合唱として参加する他,舞台の照明や衣装,大道具,小道具の準備などは,この大学の特色でもある少人数制であるがゆえに全回生の声楽専攻全員が制作スタッフとしても関わり,歌手の養成だけでなく舞台の裏表の仕組みをはっきり認識体験しながら舞台を作り上げていきます。 

卒業生・修了生は,国内はもとより,ヨーロッパの歌劇場や放送局などで演奏活動を行っているものや,指導者として後進の指導に当たっているものなど,それぞれ熱心に活動し,着実な成果を上げています。

科目一覧(現1回生用)

学生インタビュー

「声楽専攻で学んで良かったことは?」

京都市立芸術大学の良いところは,一専攻14人という少人数で学べることだと思います。同級生はもちろんのこと,先輩や後輩達とも気兼ねなく仲良く喋ることができます。特に声楽専攻は魅力溢れる個性的な人達が多いです。

実技レッスンでは,発声・発音から歌曲,アリア,舞台上の振舞い方まで幅広くご指導していただき,歌い手としての基礎・基本をしっかり学ぶことができます。

また,毎年1月&2月に行われる4回生オペラ・大学院生オペラ公演では,1回生~3回生つまり在校生が各役割を担い,先生方のアドバイスのもと,裏方の仕事を一生懸命務めます。舞台上のことだけなく舞台の裏側を経験し,みんなで一つの舞台を作り上げる大切さを学びます。本番…舞台袖から見る先輩方のお顔はキラキラ耀いていて,私もこんなふうになりたいと強く憧れ,胸が熱くなる瞬間です。

本当に素敵な先生方や先輩・後輩達,そして楽しい仲間に囲まれ伸び伸びと勉強出来る恵まれた環境…<声楽専攻>が私は大好きです!

木村 美穂(修士課程2回生)

授業に関連した専攻での活動について

西文化会館での「ウェスティ音暦」の開催

・地域への文化芸術の還元,地域文化への寄与,市民に対する良質な音楽の提供を目的として,大学の所在区にある西文化会館での演奏会を京都市西文化会館,京都市音楽文化芸術振興財団との共催により,地域への文化芸術の還元を目的として「ウエスティ音暦(おとごよみ)」と銘打った演奏会を実施しています。

平成23年度は,年3回のうち1回を声楽専攻が担当しています。

堀川音楽高校での「サテライトコンサート」の開催

・京都芸大のサテライト施設「ギャラリー@KCUA(アクア)」が立地する京都市立京都堀川音楽高校の音楽ホールにおいて実施しています。

まちなか演奏会として,より多くの市民の皆様がクラシック演奏に親しんでいただくことを目的に開催しており,平成22年度から年3回のうち1回を声楽専攻が担当しています。

教員一覧

小濱妙美
  • 教授
  • 声楽

北村敏則
  • 准教授
  • テノール

日紫喜惠美
  • 准教授
  • 声楽

久保和範
  • 准教授
  • バリトン

上野洋子
  • 講師
  • 声楽

非常勤講師(実技)一覧

  • 相可佐代子
  • 日下部祐子
  • 清水徹太郎
  • 萩原次己
  • 福原寿美枝
  • 松本薫平
  • 山本真由美

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る