漆工専攻

漆の美を追求し,

自由で創造的な漆工表現を学ぶ。

教育目的

授業風景

漆工はウルシノキから採取された樹液を精製し、塗料や接着剤として用いる、東アジアを中心として発展した、日本を代表する伝統工芸です。

本学漆工専攻は,木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾の4つの分野を基本に置き,一貫制作により自由で創造的な漆工表現を学びます。各自が現代に適応した新たな造形表現の可能性を探求すると共に,工芸では必要不可欠な機能性や用の美を追求します。必要な技術と計画性を身に付けて,漆工表現の本質的意味を考えられる,時代を担う人材の育成を目指しています。

卒業後は,漆工分野だけでなく,デザイン・建築・現代美術の分野で活躍する人や,教員として後進の指導にあたる卒業生も多くいます。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

漆工専攻は,木工•髹漆(きゅうしつ)•乾漆(複合)•加飾の4つの分野を基本に置き,一貫制作により自由で創造的な漆工表現を学びます。その成果として一年に2回の作品展示(前期展・作品展)を行います。作品の初期段階では,担当教員だけではなく,専任教員全員の意見を聞ける場としてチュートリアルが行われます。また作品展示では合評を行い,作家としての意識の確立を目指します。それと共に,各分野で必要な実習や,外部講師を招いてのワークショップ,工房などの見学会や研修旅行も行っています。

漆工専攻の4つの分野

  • 木工木材を用いた制作です。主に木彫・家具・食器などを作ります。
  • 髹漆(きゅうしつ)-漆の塗りを主体とした制作です。呂色・塗り立て・変わり塗りなどの技法があります。
  • 乾漆(複合)-麻布と漆で素地を作る乾漆技法の他に、様々な素材を使った複合的な制作をします。
  • 加飾-漆の塗面に装飾を施します。蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)・漆絵などの技法があります。

1年次

入学後,半年の「総合基礎実技」を経て,1年次後期からは「工芸科基礎」において,陶磁器,漆工,染織の3専攻の専門課程の内容を知り,基礎的課題に取り組みます。

総合基礎実技

工芸科基礎

2年次:漆工基礎A(2年次前期)・B(2年次後期)

漆芸の用具,漆の性質,木工具・機械等の使用方法,漆工全般の基礎実習と制作を行います。デッサン,木地(製図,箱,器,家具),髹漆(器物及び変わり塗り),加飾(パネルに漆技法で装飾),乾漆(立体造形・複合素材加工)の学習を重ね,それぞれの技法の要点を習得します。

3年次

授業風景

木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾のうち,希望のゼミを選択し,各専門分野を中心とした実習と自主テーマによる制作を行う。

4年次

木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾のうち,希望のゼミを選択し,各専門分野を中心とした実習と自主テーマによる制作及び卒業制作を行う。

※制作と実習は半期を区切りとします。

※通常の実習のほか,学外見学・実技講習・研修旅行(2011年度石川県輪島市)を行っています。

在学生の声

漆という素材は,何千年も前から伝統的に使われながら,今も新しい表情をみせ,たくさんの人を魅了しています。

漆工専攻では,自分の表現したいことと漆の可能性に対して,他の漆工の学生や先生方と一緒に向き合って考えることができます。それがこの専攻の良さであると思います。

工程がたくさんあり,完成まで時間はかかりますが,作った作品の中に,それまでの時間が層となって現れる瞬間を私は大切にしています。

櫻井敦子(4回生)

授業に関連した専攻での活動について

サマーアートスクール2017 箔絵で作る飾り盆

漆工専攻教員によるう講座で,漆塗りの丸盆にステンシル技法を用いて色漆と金箔でオリジナルの絵を加飾するワークショップを開催しました。(2017年8月8日)

あいづまちなかアートプロジェクト[会津・漆の芸術祭 × まちなかピナコテカ]

2013年から毎年10月に福島県会津若松市で開催されている漆のアートイベントに京都市立芸術大学の漆工専攻の教員と学生が参加しています。

2015年からは8月に会津の伝統漆工技法の滞在型研修プログラム「会津真夏の漆塾」に参加協力し、会津漆器の漆職人や他大学との交流事業を行っています。

会津・真夏の漆塾2017

会津真夏の漆塾に漆工学生有志で参加。会津の漆職人工房の見学や伝統工芸士による漆の技法研修により、消金地、色粉蒔絵などの技法を使い酒杯を制作しました。(2017年8月18日~21日)

あいづまちなかアートプロジェクト2017

福島県会津若松市での漆のアートイベントに、漆工専攻教員、学生有志の作品を展示しました。(2017年10月1日~11月5日)

展覧会会期中に漆工教員と漆工学部生による漆の研ぎ出しワークショップ「けん玉カスタム ー漆でカッコつけようー」を行いました。(2017年10月15日)

各教員の取組み

栗本夏樹 教授

2015年,パリのMizen Fine Artで個展を開催するためフランスに滞在し,フランス漆芸作家協会メンバーと交流。

2016年9月20日にウェールズのグッドウイックにある小学校で、素焼きの陶板にカシュー漆と金箔を用いた蒔絵のワークショップを行ないました。

安井友幸 准教授

地域の小学校やキャンプ場などで漆塗りのお椀を使ったワークショップを開催。

こどもうるし生活プロジェクトを立ち上げ、「こどもとうるしをつなぐ」をテーマにワークショップを開催。

地域の小学校やキャンプ場、うるしの産地での体験プログラムを企画。

2017年はあいづまちなかアートプロジェクト「さわろう!遊ぼう!うるしで育むの世界」に学生と共に制作した漆塗りパズル「うるし9」を出品し、こどもたちが漆に触れ合うきっかけづくり試みました。(2017年10月1日~11月5日)

笹井史恵 准教授

豊田市美術館での漆講座を実施。

大矢一成 講師

こどもうるし生活プロジェクト共同研究者として活動。

木と漆と、ものづくりの魅力をこどもたちに伝える活動をするためにワークショップを開催。

2017年はあいづまちなかアートプロジェクト「さわろう!遊ぼう!うるしで育むの世界」に、木に漆塗りの遊具「リンゴリンゴボーリング」を制作し、体験型展示を行いました。

国際交流

紲プロジェクト

福島県「会津・漆の芸術祭2011」における,世界の女性漆作家による,東北のエールのパネル展示

『紲プロジェクト Kizuna Project』

アジア漆工芸交流プログラム in Myanmar

2017年にミャンマーのバガン漆芸美術館で開催された「アジア漆工芸交流プログラム in Myanmar」に安井准教授と大矢講師が参加・出品。アジアの漆工芸の現状調査と、技法研修、国際交流を行った。(2017年8月29日~9月3日)

学生作品

旅の船
氏名:古谷彩奈
制作年:2017年
制作した学年:4回生
2016年度奨励賞

亀手箱
氏名:猪俣 愛
制作年:2017年
制作した学年:4回生
2016年度同窓会賞

僕らはまだこの世界をほんの少し知っているに過ぎない
氏名:福場友美子
制作年:2017年
制作した学年:4回生
2016年度市長賞

みなも
氏名:藤田 和(4回生)
制作した学年:3回生
2016年度 本学作品展 平館賞

五蘊盛苦
氏名:北浦雄大(4回生)
制作した学年:3回生
2016年度 本学作品展 平館賞

Inevitable
氏名:森 美有(4回生)
制作した学年:3回生
2016年度 本学作品展 平館賞

教員一覧

栗本夏樹
  • 教授
  • 漆造形

安井友幸
  • 准教授
  • 乾漆,複合素材,漆造形

笹井史恵
  • 准教授
  • 髹漆、乾漆

大矢一成
  • 講師
  • 木工

非常勤講師(実技)一覧

  • 黒宮菜菜
  • 谷川美音
  • 柞磨祥子
  • 畑景子

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る