漆工専攻

漆の美を追求し,

自由で創造的な漆工表現を学ぶ。

教育目的

授業風景

漆工はウルシノキから採取された樹液を精製し、塗料や接着剤として用いる、東アジアを中心として発展した、日本を代表する伝統工芸です。

本学漆工専攻は,木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾の4つの分野を基本に置き,一貫制作により自由で創造的な漆工表現を学びます。各自が現代に適応した新たな造形表現の可能性を探求すると共に,工芸では必要不可欠な機能性や用の美を追求します。必要な技術と計画性を身に付けて,漆工表現の本質的意味を考えられる,時代を担う人材の育成を目指しています。

卒業後は,漆工分野だけでなく,デザイン・建築・現代美術の分野で活躍する人や,教員として後進の指導にあたる卒業生も多くいます。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

漆工専攻は,木工•髹漆(きゅうしつ)•乾漆(複合)•加飾の4つの分野を基本に置き,一貫制作により自由で創造的な漆工表現を学びます。漆工基礎(二回生)は漆工の基本的な技法や表現を学ぶ課題制作を行い,三回生以上の学生は上記の4つの分野に分かれて,各自テーマを見つけての制作に取り組みます。その成果として一年に2回の作品展示(前期展・作品展)を行います。作品の初期段階では,担当教員だけではなく,専任教員全員の意見を聞ける場としてチュートリアルが行われます。また作品展示では合評を行い,作家としての意識の確立を目指します。それと共に各分野で必要な実習や外部講師を招いてのワークショップ,工房などの見学会や研修旅行も行っています。

漆工専攻の4つの分野

  • 木工木材を用いた制作です。主に木彫・家具・食器などを作ります。
  • 髹漆(きゅうしつ)-漆の塗りを主体とした制作です。呂色・塗り立て・変わり塗りなどの技法があります。
  • 乾漆(複合)-麻布と漆で素地を作る乾漆技法の他に、様々な素材を使った複合的な制作をします。
  • 加飾-漆の塗面に装飾を施します。蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)・漆絵などの技法があります。

授業風景

1年次後期:工芸基礎-合成漆を使った漆工の基本的な技法の体験授業

2年次:漆工基礎-漆工,木工の基本的な技法の実習・デッサン等による基礎力の習得

漆や木の素材研究を踏まえ,木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾,各技法の基本を学ぶための課題制作

3年次:木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾のうち,希望のゼミを選択し,各専門分野を中心とした実習と自主テーマによる制作

4年次:木工・髹漆・乾漆(複合)・加飾のうち,希望のゼミを選択し,各専門分野を中心とした実習と自主テーマによる制作及び卒業制作

※制作と実習は半期を区切りとします。

※通常の実習のほか,学外見学・実技講習・研修旅行(2011年度石川県輪島市)を行っています。

科目一覧

在学生の声

​漆工専攻の魅力は,自然素材である漆や多くの素材に触れながら,自分の思い描く表現を模索していけることだと思います。

授業では,各ゼミの垣根を越え,先生方が教えてくださる実習もあるので,普段扱えない素材に出会うことができます。扱ったことのない素材と出会うことで作品に対する視野が広がり,自分の中の選択肢を増やすことができたように感じました。 新しいものに触れたときの感覚やわくわくを感じることは大切にしていきたいです。

また,先輩,後輩,先生との交流も多く,アットホームな雰囲気のある専攻です。自分のゆっくりした性格に合うので,皆に癒されながら毎日制作に励んでいます。

漆の作業工程は多く,そのひとつひとつが大切で時間もかかります。ですが素直にこつこつ進めていくうちに,気がつけば,素敵な表情と出会うことができます。にらめっこするときも多いですが,漆は素直に向き合うほど,答えてくれる不思議ですてきな素材だと思いました。貴重な素材と出会えて,よかったです。

佐藤由輝(4回生)

授業に関連した専攻での活動について

専攻の取組み

中日交流作品展

北京中央美術学院との学生と教員の作品交流展の企画・実施しました。(北京漆宝斉文化有限公司/2006年9月)

竹のあかり―木と漆の造形展

市民参加の竹のあかり作りのワークショップを開催し,漆の作品と共に展示とイベントを開催しました。(美山かやぶき美術館/2007年3月)

木と漆の造形展―花とうつわ―

市民参加の竹を使った花入れの制作ワークショップと漆の花器に花を生け展示。漆のお椀を使ったお茶会を実施しました。(美山かやぶき美術館/2008年3月)

京都発・新しい漆のかたち

漆工専攻教員6名による展覧会・ギャラリートークを開催しました。(京都館 東京駅前/2013年4月25日~29日)

あいづまちなかアートプロジェクト
[会津・漆の芸術祭×まちなかピナコテカ]
  • 福島県会津若松市でのアートイベントに教員・大学院生が参加しました。(2013年10月5日~11月4日)
  • 福島県会津若松市でのアートイベント『うるし その可能性と未来~全国10大学からの贈り物~』に教員・大学院生が参加しました。(2014年10月4日~11月3日)
  • プレイベントとして会津若松市を中心に開催された「真夏の漆塾」に参加しました。東北の漆器産地の現状の視察や,漆器の新しい取組みへの理解,伝統的な漆芸技法である「会津鉄錆絵」の講習会など,盛り沢山な内容でした。(2015年8月19日~8月24日)
  • 福島県会津若松市でのアートイベント『うるし その可能性と未来~全国10大学からの贈り物~』に教員・大学院生が出展しました。(2015年10月3日~11月1日)

      

        

        

        

        

各教員の取組み

栗本夏樹教授

2011年9月3日~10月2日伊丹市立工芸センターの企画に協力して漆展―新しい漆のかたち―を開催。京都市立芸術大学と金沢美術工芸大学の学生25名,教員2名の作品を展示。

2015年,パリのMizen Fine Artで個展を開催するためフランスに滞在し,フランス漆芸作家協会メンバーと交流。

安井友幸准教授

地域の小学校やキャンプ場などで漆塗りのお椀を使ったワークショップを開催。

笹井史恵准教授

豊田市美術館での漆講座を実施。

国際交流

『紲プロジェクト』:福島県「会津・漆の芸術祭2011」における,世界の女性漆作家による,東北のエールのパネル展示

『紲プロジェクト Kizuna Project』

2012年にミャンマーのバガン漆芸美術館で開催されたミャンマー・日本漆芸展に栗本教授と笹井准教授が出品し,栗本教授は現地で講演も行う。

学生作品

出世する机
氏名:近藤寿美(2015年度卒業生)
制作した学年:4回生

うるしあるくらし
氏名:佐藤希実(2015年度卒業生)
制作した学年:4回生
2015年度京芸展奨励賞

one by one
氏名:市野樹里(学部4回生)
制作した学年:3回生

ひとつ
氏名:黒沢理菜(修士1回生)
制作した学年:4回生
2015年度京芸展奨励賞

踏み外しては殻をつけて
氏名:樋口理菜(学部4回生)
制作した学年:3回生

旧約聖窓
氏名:内海紗英子(修士課程1回生)
制作した学年:4回生
2015年度京芸展市長賞

教員一覧

栗本夏樹
  • 教授
  • 漆造形

安井友幸
  • 准教授
  • 乾漆・漆造形

笹井史恵
  • 准教授
  • 髹漆、乾漆

大矢一成
  • 講師
  • 木工

非常勤講師(実技)一覧

  • 入澤あづさ
  • 大野詩織
  • 城野愛子
  • 谷川美音
  • 萩原佳奈
  • 安井悦子

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る