修士課程

教育・研究目的

本課程は,独創的で多様な研究を背景に,幅広い視野の下に専門性を深め,もって高度な創造・研究能力を有する人材を養成し,国内外の芸術文化に貢献することを目的とします。

専攻

絵画専攻
日本画

大学院修士課程では,各自の設定したテーマで自由に日本画制作をし,見つめる・感じる・創る・そして伝えるということを考察します。特殊演習等により,制作に関わり研究すべき課題を設定し,広い視野で自己の表現を深めます。

日本画制作を通して,美術や教育の分野でより専門的に活躍できる人材を育成します。

油画

各自のテーマにそった自主制作を中心とします。制作を続けながら,作品の中で表現しようとしているテーマと技法を改めて見つめ直し,今後の制作の方向と可能性を探ります。広い意味で社会全般との関わりを考え,作品における自己のテーマを確立します。

特殊演習では,「描く」「つくる」という個人の表現手段から離れて,見学などの「見る」こと,ディスカッションを通じての「話す」こと,展示や発表などの「置く」ことなど,多角的な演習を通じて制作への意識を高めます。

版画

版画すなわち,複数性と間接性による表現の,独自性と普遍性を研究し制作を行います。各自が提出する研究届を基に,担当教員と研究・制作計画を作定し,進めます。合同合評会に出品する作品ゼミと,文書講読を中心とした研究ゼミを交互に開講します。基本4版種の工房別制作を土台に,版種横断的制作,写真,デジタル処理を含む複製メディアを活用した制作等,より高度な技法展開を見据えた,現代の版画表現を追求します。

構想設計

大学院造形構想は「メディア構想」「造形構想」「映像メディア」に分かれ,それぞれの研究領域において自主的な制作や実験を行い,高度な能力を養います。


彫刻専攻
彫刻

「彫刻研究」では,自由な発想と展開による制作研究を通して,独自の観点を探求することの重要性を理解し,自身の表現とアイデンティティの確立,社会における実践と検証を視野に入れた各自の表現活動を研究考察することを目標としています。

「特殊演習」では,自己の研究領域を幅広い視野のもとで明確にするために,各自の制作活動の内容に限定されることなく,有益と思われるテーマを取り上げ理論研究・演習を行います。


デザイン専攻
ビジュアル・デザイン

「ビジュアル・デザインとは,視覚で情報を伝達することを専門とする分野である」との認識を深めるため,グラフィックデザイン系,写真・映像情報設計系,テキスタイル・デザイン系の3系列に大別される,いずれかの専門分野を選択し,自己のテーマを設定して2年間の研究・制作計画を立てて実行します。

学生は,日常的に教員と研究計画に基づくディスカッションを行い,思考の深化とコンセプトの確認を図りつつ,今日的要望に応えられるデザイナーとして,関連分野へのできるだけ多様な展開を図れるように指導を受けます。

環境デザイン

より優れた地球環境,都市景観,ユニバーサルデザインの実現に向けた問題意識をもって,現状と理論の把握からデザインの実施に至るまでの包括的な研究を行います。人体から都市までの様々な形状,大きさ,動き,使用期間,またそれらの相互関係を理解した上で,人間社会の持続した形成に貢献できるデザインの制作方法を学びます。

プロダクト・デザイン

大学院修士過程では各自がテーマを見つけ,理論的かつ実践的に具体的デザイン提案のできる研究者を養成することを目標としています。1年次では今日の様々な社会問題と関わりのあるテーマ設定を行い,独自の視点で調査・分析し,論文または作品にまとめます。2年次には,1年次の研究をより発展させて修了研究・制作として完成させます。


工芸専攻
陶磁器

陶磁器による表現を,歴史的観点を踏まえつつ,現代性を多角的に問い,制作と論理との関係を明確にする事を目的に各自の課題の基づいた自主的な制作・研究をおこないます。

指導はゼミ単位でのチュートリアルを基本に,半期に一度のプレゼンテーションを節目に制作と思考との関連づけを明確にします。

制作・研究の過程で明らかになってくる問題点や課題は随時協議し,適宜参考文献や資料を提示し指導を行い,陶磁器の専門的知識を幅広く活せる人材を育てます。

漆工

木を素材とする制作を含め漆芸における高度な表現・技術の習熟を目標とします。院生各自が提出する研究計画をもとに,それまでに習得した技術をもとに,さらに伝統技法の研究,技法実験を行うだけでなく,芸術的思考の深化と展開を促し,時代に対応する発想の養成を目指します。また特殊演習では,各自の直接制作に関わる問題のみならず,工芸全般,美術の領域にも視野を広げる方向での体験を積ませたり,理論指導します。

染織

染織という表現手段を通じて,歴史と現状を含めた工芸と美術全体への認識と理解を深めます。一年に数回の作品展示・合評・ミーティング等を節目として,作家としての確かな意識の確立のために,各自が研究計画を立て制作します。すでに習得した技法だけでなく,幅広い視野と表現力を身につけ,創造力を深めます。


芸術学専攻
芸術学

学部教育においては,社会にかかわる実践的側面をふくめ,幅広い人材の育成がめざされていましたが,大学院の芸術学専攻ではもっぱら研究者の養成が目的となります。そのため授業では,より専門性の高い授業がおこなわれます。院生ははじめから専門分野と指導教員をさだめたうえで研究に従事します。一年に数回の研究発表が課され,その成果は修士論文としてまとめられます。


保存修復専攻
保存修復

日本・東洋の古典絵画を主要な研究対象として,保存修復に関する理論・技術を学びます。文化財を未来へ継承していく上での様々な課題を解決できる人材となるため,伝統的な絵画技法の習得,芸術学,美術史学,保存科学等の理論を学び,横断教育を通じて芸術を多角的に理解する能力を養います。また,伝統絵画の表装に関する装潢技術の実習を通して修復技術を体得します。さらに,自ら課題を設定して研究・制作に取り組みます。

保存修復専攻は,平成12年に設置された,大学院(修士過程/博士(後期)過程)のみの専攻です。日本画はもちろん,他のジャンルや様々な学問分野を学んできた方が在籍しています。年々新たな成果が発表され,進歩著しい保存修復の分野においては,変化に対応できる知識と発想力を持つことが重要です。

日本・東洋の古典絵画には,横長の紙面上に物語を展開させる「絵巻」や縦長の画面の「掛軸」,移動可能な壁としての機能を持つ「屏風」,建築に付属する障壁画などの諸形式があり,そこに描かれる画題と表現方法も様々です。材料(和紙・絹・板)・技法(線・塗り)にも特徴があり,造形上の魅力でもあります。

当専攻では,古典絵画の模写を通して和紙や画絹などの伝統素材への理解を深め,顔料・金箔・裏彩色などの様々な表現技法を習得します。伝世品の修復・保存の知識・能力にとどまらず,多分野からのアプローチを通して,自己の感性や美意識に磨きをかけ,古典技法に基づいた創作を行える,活きた伝統の担い手の育成も目指しています。

研究計画書/研究報告書

※A4サイズの用紙に両面刷りで作成すること。氏名欄及び指導教員押印欄は,学生・教員それぞれが自署のうえ,押印すること。