閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

竹浪遠

  • 役職:准教授
  • 専攻:総合芸術学科(総合芸術学専攻)
  • 専門:中国絵画史

コメント

中国の絵画は古代以来の伝統があり,その造形は学べば学ぶほど奥深く,多彩で魅力に満ちています。日本の文化にも大きな影響を与えており,関西には優れた作品も数多く伝えられています。山水画や水墨画,画中に書された題賛など,難しそうと思われるかもしれませんが,目を向けさえすれば東洋人が培ってきた感性や知恵に気づかされるでしょう。

略歴

1972 青森県むつ市に生まれる
1995 東北大学文学部史学科卒業
1998 東北大学大学院文学研究科美学・美術史学専攻博士課程前期2年の課程修了
1998 黒川古文化研究所研究助手(学芸員)採用
2001 黒川古文化研究所研究員
2011 東北大学大学院文学研究科博士課程後期3年の課程修了。博士(文学)
2015 京都市立芸術大学講師

最終学歴及び学位称号

東北大学大学院文学研究科博士課程後期3年の課程修了

文学博士

業績・研究発表

受賞歴

2006 第13回鹿島美術財団賞
2015 27回國華賞
2016 平成28年度むつ市文化奨励賞

担当した主な展覧会

2003 「日本・中国の絵画」(黒川古文化研究所)
2006 「日本・中国の書」(黒川古文化研究所)
2007 「文人の書画と文房具」(黒川古文化研究所)
2008 「中国美術清玩―飛香館に集った文化の粋―」(黒川古文化研究所)
2011 「中国書画―受け継がれる伝統美―」(黒川古文化研究所)
「中国の花鳥画―彩りに込めた思い―」 (黒川古文化研究所)
2014 三館連携「松・竹・梅」展 「松―美と徳の造形―」(黒川古文化研究所)

研究発表・講演

2008 美術史学会西支部例会(於:奈良国立博物館)発表「(伝)李成「喬松平遠図」(澄懐堂美術館)について―その唐宋山水画史における位置―」
2012 美術史学会西支部大会講演「関西中国書画コレクション研究会の展覧会・調査活動について」
2014 美術史学会 美術館博物館委員会東西合同シンポジウム「ミュージアム連携の現在―連携企画展の可能性―」講演「美術館博物館の連携1」
東京国立博物館 特別展「台北 國立故宮博物院―神品至宝―」開催記念国際シンポジウム「中国皇帝コレクションの意味―書画における復古と革新―」研究発表「乾隆帝が見た江南山水画―伝巨然「蕭翼賺蘭亭図」を中心に―」

論文・著書等

主な著書

2011 (共著)『中国書画探訪 関西の収蔵家とその名品』(二玄社)
2015 (単著)『唐宋山水画研究』(中央公論美術出版)

主な論文

2001 「王詵「煙江畳嶂図」について―上海博物館所蔵・着色本,水墨本を中心に―」(『澄懐』2号)
2002 「[館蔵品研究]「春苑遊狗図」とその作者・紀鎮について」(『古文化研究』1号)
2003 「唐代の海図-その主題内容と絵画史上の意義をめぐって-」(『古文化研究』2号)
2004 「[館蔵品研究](伝)董源「寒林重汀図」の観察と基礎的考察(上)」(『古文化研究』3号)
2005 「中唐の劉商について―詩人・樹石画家・道士としての生涯―」(『古文化研究』4号)
「[館蔵品研究](伝)董源「寒林重汀図」の観察と基礎的考察(下)」(『古文化研究』4号)
「唐代山水画の主題に関する研究―神仙山水と樹石画を中心に―」(『鹿島美術研究(年報第22号別冊)』)
2006 「唐代の樹石画について―松石図を中心に―(上)」(『古文化研究』5号)
「「明皇幸蜀図」(大和文華館本)の図様と描法について―故宮博物院本との比較を中心に―」(『大和文華』116号)
2008 「唐代の樹石画について―松石図を中心に―(下)」(『古文化研究』7号)
2009 「(伝)李成「喬松平遠図」(澄懐堂美術館)について―唐代樹石画との関係を中心に―」(『国華』1369号)
2010 「北宋における李成の評価とその文人画家像形成について―子孫・鑑賞者・李郭系画家との関わりから―」(『古文化研究』9号)
2012 「梅の画にみる唐と宋」(『論集・東洋日本美術史と現場』,竹林舎)
「呂紀画風とその伝播―「四季花鳥図」(東京国立博物館)を中心に―」(『古文化研究』11号)
2013 「[館蔵品研究]紀鎮「春苑遊狗図」続論」(『古文化研究』12号)
2014 「宋代文人士大夫の詩文集にみる絵画関連資料 北宋編1」(『古文化研究』13号)