閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

総合芸術学専攻

芸術の生まれる現場を熟知した研究者・企画者へ。

教育目的

制作風景

現代社会にあって,芸術や文化をめぐる状況は大きく変化し多様化しています。それに応じて芸術を対象にする研究領域も広がりを見せ,実践的に芸術にかかわる人材が求められています。本学に総合芸術学専攻が開設されたのは,従来の研究だけでなく,こうした社会的要請に応えるためでもあります。

本専攻は,総合「芸術学」とある通り,広義の芸術を対象として研究を行う場です。他の人文科学と同様,①対象についての様々な知識・情報を集め,②それを整理して理解し,③自らの考察を加えて新たな知見を導き出し,④それを外部に広く伝える,という一連の知的生産プロセスを身につけることを目的とします。よって,研究論文である「卒論」を優れたものにすることを第一の目標としますが,それに加えて以下のような教育に力を入れています。またこの部分こそが,「総合」芸術学のゆえんであるといえます。

1.一連のプロセスを芸術の現場で学ぶ

他専攻の学生と一緒に実技を学ぶ場を設けているため,芸術の生まれる現場を間近で知ることができます。そうした環境を生かして,専攻には展覧会の企画運営の授業が設定されています。

芸術の現場で学ぶことは,古典的な芸術の研究を行う上でも役立ちます。制作技法の理解はもちろん,芸術家という存在のあり方を肌で知ることも重要なことです。また,日本の古典的な芸術の中心である京都という地の利を生かし,毎週教員が引率して見学に行く授業を必修としています。

2.幅広い発信力を身につける

一般に芸術学系の専攻の場合,上記の④の部分は,口頭発表・レポート・論文・プレゼンテーションといった形式に限られます。本専攻では,それに加えてもの作りの基礎力をベースにした表現方法を学びます。具体的には,原稿を書くとともに,印刷会社に入稿するまでに必要な編集やレイアウト,写真やビデオの撮影と編集なども学びます。またインターネットの発達に対応して,ネット経由の発信をするためのスキルも学びます。

授業概要(カリキュラム)

制作風景

研究内容の大きな柱としては,(1)日本・東洋・西洋の美術史研究,(2)映像メディアをはじめ,多様化した現代文化の美学的研究,(3)工芸・デザイン・美術教育など,社会と芸術の関わりの研究があげられます。

1年次

前期は総合基礎実技と併せて,入門講座「基礎演習A」を履修します。後期は「基礎演習A」とともに,美術科基礎デザイン科基礎工芸科基礎のいずれかを選択して履修します。

2年次

制作風景

前期は「調査研究・企画運営演習」を履修し,作品の調査や研究の技法及び展覧会などの企画運営の方法の基礎を学びます。

後期は「基礎演習B」「総合芸術学基礎実技」を履修し,インタビューを中心とした冊子とビデオを制作します。企画,撮影,執筆,編集,印刷発注,ビデオ編集に至る技術・方法を学びます。

教員インタビュー|YouTube

2年次には,外国語の専門書などの読解力を養う「専門書講読」も履修します。なお,前期のみ実技科目を履修することも可能です。

3年次

制作風景

学生は自分の専門領域を定め,それぞれ内容に即した指導を受けます。第1ゼミ「芸術の歴史と理論」,第2ゼミ「文化と感性の理論」,第3ゼミ「芸術と社会」の3コースがあり,そのいずれかに所属します。また,合同発表会では,各人が研究成果を発表し,全体で議論しながらそれぞれのテーマを深めていきます。また,webサイトを運営したり,展覧会を企画・運営する活動(合同演習)を通して,芸術を社会とつなげるための実践的な力を養います。(なお,これらの授業には2回生から参加することも可能です。)

4年次

 3年次に引き続き,ゼミでの研究と合同演習が中心になります。研究発表を重ねながら自分のテーマを掘り下げ,最終的にその成果を卒業論文にまとめます。なお,卒業論文に関連した作品を提出することも可能です。

在学生の声

在校生の声

1回生の後期では,美術・デザイン・工芸の専攻基礎実技という今まで全く知らなかった分野を履修しましたが,先生方や高い意識を持った同期との出会いが,自分の視野を広げました。2回生では展覧会レビュー,インタビュー冊子,ウェブサイト,映像などの編集・制作を通して,情報を正確かつ効果的に発信するための実践的なスキルを習得し,3回生からは個々の研究を進めます。少人数の専攻なので,大学院生までの全学年が顔を合わせ,ゼミの垣根を超えて互いに良い刺激を受けることができます。表現活動に没頭する他専攻生や音楽学部生の存在を身近に感じながら,多角的な視点で自身の研究対象に向き合っていきたいです。

野村 翠(3回生)

授業に関連した専攻での活動について

「Colors of KCUA 京都市立芸術大学芸術学研究室学生による総合選抜展」

専攻の活動

芸術学研究室(総合芸術学科および芸術学専攻)の学生が中心となって企画・実施する展覧会「Colors of KCUA」を開催しています。本展覧会の目的は,京芸の制作内容や動向を幅広く伝えることにあり,展覧会タイトル「Colors of KCUA」の「Colors」は,多くの色彩という意味から,学生の無数の個性(色)や多様なジャンルを表しており,「今の京都市立芸術大学に広がる多様な個性」を伝える展覧会としています。出品作家の選定にあたっては芸術学研究室学生が学内の学生の作品を調査し,更に2月の作品展での成果も踏まえつつ,芸術学研究室学生による独自の視点で選ぶことを大切にしながら,社会へ発信することを目的として企画・運営に取り組んでいます。

芸術学研究室 Web班の活動

専攻の活動

芸術学研究室のネット活動チームである通称Web班は,合同演習という授業の一環で,研究室ホームページと「京都芸大ギャラリーガイド」の2つのウェブサイトを運営しています。「芸研日誌」「学内展覧会情報」「京芸関係者展覧会情報」「展覧会レビュー」などのコンテンツがあり,日々取材と執筆,更新作業に励んでいます。研究室のマスコット「芸研ちゃん」もチームの一員としてツイッターでつぶやき中。下記リンクから,ぜひご覧下さい。

芸術学研究室

京都芸大ギャラリーガイド

学生の研究内容の紹介

「法隆寺金堂四天王像の図像に関する考察―鎧の形式・経典との関連を通して―」柴田晶子(2016年度卒業)

研究の概要

専攻の活動

「国宝 法隆寺金堂展」図録(奈良国立博物館、2008)、70頁掲載の図版を参考に、筆者による描き起こし

奈良・法隆寺の金堂に安置される木造四天王像(650年頃)は、我が国における現存最古の四天王立像である。四天王は、仏教公伝より間もない7世紀より造像され、現在に至っても多数の作例が遺されている。しかし、その中でも本像は直立不動の姿勢、特異な相貌の邪鬼など、特徴的な作例であるといえる。従来の研究では、光背に刻まれた銘文の検討、像の伝来についての検証、他の作例との比較等は行われてきたが、図像についての詳細な考察が行われていなかった。特異な形式の四天王である本像についての研究を行う上で、図像に関する考察は必要不可欠である。そこで、本研究では鎧の形式と経典との関連を通し、本像の図像的特徴について考察する。

第一章では、本像が纏う鎧の形式について、奈良・法隆寺の金堂に安置される「釈迦三尊像台座」に描かれた四天王(飛鳥時代)、中国・敦煌285窟の西壁正龕(538・539年銘)に見られる四天王との比較を通し考察する。従来の研究において、本像が纏う鎧は上体から下端までが一連で、正面中央で引き合わせる胴丸式挂甲であるとされていた。また、腹部正面が胸部よりも一段高く作られている点については、腹部に甲を重ねていると解釈されていた。しかし、他の作例との比較の結果、本像の鎧は「敦煌285窟四天王」と同様の胸甲を着ける形式であると筆者は推測する。従来、甲を重ねていると解釈されていた腹部の空間は、胸甲と帯の間であると考えられる。腹部の周辺が小札の部分よりも一段高くつくられているのは、画像から立体へ起こす際の写し崩れであろう。また、法隆寺像の特徴的な立ち上がった襟は中国・朝鮮半島の武人像に見られる形式であり、特に韓国・慶州皇龍寺の九層塔出土の舎利具に刻まれた神将像(632-647頃)が着用する襟の表現に近いと考えられる。

「国宝 法隆寺金堂展」図録(奈良国立博物館、2008)、70頁掲載の図版を参考に、筆者による描き起こし第二章では、本像の図像の典拠となった経典について考察する。本像が造像された7世紀の日本において最も重視されていた経典は『金光明経』(412-421年漢訳)であり、護国を目的とした四天王信仰の背景にはこの経典の存在があったと考えられる。しかし同経には四天王の持物は記されていない。また、四天王の形像を表した経典としては最も早く漢訳された『陀羅尼集経』(653年漢訳)の儀軌では四天王は本像とは異なる持物を執るとされている。また、様々な経典の中で唯一広目天が筆を持つと記す『般若守護十六善神王形體』が漢訳されたのは8世紀のことであり、本像の造像よりも後のことである。以上のように、本研究においては本像の典拠となった経典を明確に特定することは出来なかった。ただし、本像と同時期に造像された、韓国慶州の感恩寺出土の舎利具に付属した銅製四天王像(682年頃)や、同じく慶州の四天王寺址出土の彩釉四天王浮彫(679年頃)についても同様に、典拠となった経典が特定できない点は特筆すべきである。本像についてもこれらの例と同様に、経典に基づかない図像であった可能性は高いと考えられる。

最後に、これらの考察から得られた結果を踏まえ、法隆寺像が手本とした図像がどのような形態で伝来したのか考察する。第一章において、本像の腹部や胸部には写し崩れと考えられる箇所が存在することを指摘した。また、腹部背面において構造が曖昧な点が見られることを考慮すると、本像が手本にした図像は絵画によって伝来したと推測できる。

上記のように、本研究では本像の図像に関する特徴を明らかにした。今後は、今回の考察に含めることができなかった様式についても検討し、本像の源流がいかなる場所に求められるのか探りたい。

「ハンス・ベルメール作品における文学の外延としての人形—1918年から1932年の作家の読書を通して—」原田紗希(2015年度卒業)

研究の概要

専攻の活動

作品画像はハンス・ベルメール(種村季弘、滝口修造訳)『イマージュの解剖学』(河出書房新社、1975年)より引用

日本における球体関節人形という文化を語る時に、私たちは四谷シモン、澁澤龍彦、そしてハンス・ベルメールの名を出さずに始めることはできない。四谷シモンが1965年のある日、古本屋で見掛けた澁澤龍彦によるハンス・ベルメールに関する記事に衝撃を受け、人形作りに新しい示唆を得て、今まで使ってきた道具をすべて捨てた、という話はあまりにも有名である。四谷シモンに引き続き多くの人形作家が日本では生まれた一方で、美術としての人形の評価は残念ながら充分ではない。それはどういった理由からなのだろうか。また、もとを辿れば今日本で広まっている人形文化はどのような人形観に即して展開されてきたのだろうか。

その人形論の基礎となるのは最初の一石を投じたベルメールの人形制作に間違いないだろう。四谷シモンはベルメールの人形に大きな示唆を得た後、実際に澁澤と交友関係を持ち、また、シュルレアリストでもあった瀧口修造やベルメールの著作『イマージュの解剖学』を翻訳した種村季弘とも交流があった。同時代の西洋に精通していた人々から、ベルメールの制作の基盤となった文化について聞いていたこともあっただろう。その系譜を日本の芸術における人形観が受け継いでいる可能性も決してゼロではない。

以上をふまえて、今後の日本の芸術における人形の評価や理解に新見地を見出すことを視野にいれながら、そこに球体関節という美学を与えたハンス・ベルメールという作家の存在を再解釈する。大戦という社会背景と、若かりし作家を育んだダダ・シュルレアリスムという芸術運動が文学と美術が手を取り合って各地で同時多発的に起こったものであることに注目し、ベルメールの持っていた人形観を今まで主題として論じて来られなかった文学を通して読み解く。

本稿はその第一歩とし、ベルメールの制作に影響を与えたとされるオペラの原作であるホフマンの『砂男』、制作を通じて関わったクライストの『マリオネット劇場について』とそれらの批評、またベルメールの作品との関連について論じた。実際の制作の中での『砂男』との関連は見出しにくいものであったが、ホフマンがクライストの『マリオネット劇場について』を読書していたことから、ホフマンとクライストが人形観を共有していた可能性をあげ、またフロイトの『不気味なもの』での『砂男』の分析をとおしてベルメールもその人形観を共有していたことを示唆した。一方、同時代の文学的な影響としてはオスカー・ココシュカの書簡集の影響をあげた。ココシュカのアルマ・マーラーの人形をめぐる試みを知ったベルメールが書簡集から人形制作の「アドバイス」を得ていたことは、定説的に語られるベルメールの人形制作のきっかけに加えることができる。さらに、ベルメールの伝記を通してベルメールと19世紀文学、ダダ文学との深い関わりをまとめ、ダダという芸術運動が美術と文学の両方から彼の制作に寄り添っていたことを提示した。

文学とベルメールの制作の関連性は、彼の作家像の新しい側面を見出す鍵となるだろう。

研究テーマ「 戦前日本の写真における中山岩太とは –日本における芸術作品としての写真の形成と発展への貢献–」 小田真巳(2014年卒)

論文要旨

専攻の活動 専攻の活動

本論文では戦前の写真家,中山岩太(1895〜1949)が日本の芸術作品としての写真の流れにどのように貢献したのかを再考する。中山岩太は,東京美術学校時代,そして約10年の海外生活を経て,日本の写真の歴史において第一次発展期と言われる1920年代後半〜30年代に日本で精力的に活動した写真家である。また,中山はアマチュア写真団体,芦屋カメラクラブを創設し,カメラ雑誌『光画』 の創設に関わった人物でもある。その芦屋カメラクラブの最盛期と『光画』の刊行時期は1930年代前半であった。そのため,網羅的に写真史を捉える文献,もしくは日本の写真動向を主軸とした文献において,中山は1930年代前半に日本で流行する〈新興写真〉の枠内で語られることがしばしばある。

しかし,中山の写真作品の制作に対する姿勢と,新興写真における思想には明らかにズレがあった。つまり,中山が評価されるべき主な理由は新興写真という一時代の構築,発展への貢献とは言えないのである。では,本来彼が芸術としての写真ジャンルにおいて,評価されるべき点はどこにあるのか。中山は新興写真などの一時代の構築への貢献というよりもやはりもっとマクロなスケールで,日本の芸術としての写真の歴史に貢献したのである。

彼は主に東京美術学校の学生時代から海外渡航時期において高度な写真技術と多様な写真表現の方法を習得した。そして,習得した事を芸術作品の制作に没頭出来るアマチュア写真家達に熱心に伝えることで日本全体のアマチュア写真家の制作レベルの底上げを計り,彼らが理想とする写真作品の完成が一歩でも実現に近づくことが出来るように助力したのだ。

1927年に帰国してから,中山は『アサヒカメラ』『フォトタイムス』『光画』『アマチュア写真講座』 などにて自身の写真技術,写真表現に関する見解を述べ,不特定多数に自身の知識の公開を行っていた。また,芦屋カメラクラブの勉強会や『光画』の編集会議などにて直接の指導や知識の伝授を行っていた。教育者としての中山は今まであまり注目されなかったが,彼は十分写真の技術,表現における指導者として振る舞っていたのである。

ただ彼は,指導者としての自覚はありつつも,自分自身の価値観を細かく押し付けることはなかった。制作者の主観,個性を大切にし,報道写真が主となる戦時下という状況の中でありながら,写真において制作者が作りたいものを干渉されずに自由に作ることの大切さをうたった。そして,自分自身の制作も出来る限り継続し続けることで,その環境を整え続けようと努力していた。そのおかげもあり,関西でのアマチュア写真家による芸術作品としての写真の制作活動は戦後すぐに盛期を取り返した。今日において,写真は芸術作品として当然のごとくギャラリーや美術館にて扱われるが,写真文化の基礎がやっと出来てきたという時代に,アマチュア写真家が活躍できるようなフィールドがなくなってしまっていたら,日本における写真文化は現在より遅れていたかもしれない。

このように,日本のアマチュア写真家の写真技術・表現の基礎レベルの向上と,自由な表現の主張に伴う芸術作品としての写真文化の衰退防止という二点が日本の芸術作品としての写真において,彼が果たした功績と言える。芸術作品としての写真の形成と発展のための方法としては,これらの方法は大変地味で地道な手段である。成果が如実に,短期間で見える方法でもないが,彼は確かに日本の写真文化の発展に邁進していたのである。

研究テーマ「アート情報マガジン『SHAKE ART!』」 塩谷舞(2012年卒)

研究の概要

専攻の活動

関西の美大生による団体SHAKE ART!を結成。同名の情報誌を創刊。展覧会企画も多数行い,若手作家の情報を広く発信している。

教員紹介

非常勤講師(実技)一覧