閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

吉田雅子

  • 役職:教授
  • 専攻:総合芸術学科(総合芸術学専攻)
  • 専門:染織工芸史

コメント

染織という、広大で深い海を航海しています。ダイナミックな大航海時代を背景に世界に貫流した染織品の行方を、主にヨーロッパ、中国、日本を中心に追いかけています。このような古い染織品から現代のテキスタイル・デザインまで幅広く視野に入れ、染織という一つの窓を通して、人間の長い営みとその行方を見つめてゆきたいと思います。テキスタイルが好きな方、この豊かな世界にふれてみませんか? 一緒に勉強しませんか?

略歴

学歴

1983 武蔵野美術大学入学、工芸工業デザイン学科、テキスタイル専攻、卒業、芸術学学士
1985 筑波大学、修士課程入学、美術デザイン学科、総合造形専攻、修了、芸術学修士
1999 京都大学、修士課程入学、人間・環境学研究科、文化・地域環境学専攻、修了、人間・環境学修士
2005 京都大学、博士後期課程入学、人間・環境学研究科、文化・地域環境学専攻、修了、人間・環境学博士

職歴

1985-88 (株)モード・エ・ジャコモ、(株)大和紡績にデザイナーとして勤務
1989 ワシントンD.C.、テキスタイル・ミュージアムにてスペシャル・インターンとして染織品を展示・保存・調査
1991 ワシントンD.C.、国際彫刻センターにインターナショナル・プロジェクト・コーディネーターとして勤務
1992 ニューヨーク、メトロポリタン美術館、アジア美術学芸部に、リサーチ・アシスタントとして勤務
2000 中国政府奨学金を受け、上海の中国紡織大学(東華大学)を拠点に一年間染織品を調査
2004 メトロポリタン美術館から招請を受け、リサーチ・フェローとして染織品を調査
2005 京都市立芸術大学 講師
2007 京都市立芸術大学 准教授
2014 京都市立芸術大学 教授(現在に至る)

所属学会

1989 アメリカ染織学会 (The Textile Society of America)
1997 美術史学会
2005 CIETA国際染織学会 (Centre International d’Etude des Textiles Anciens – C.I.E.T.A.) 

最終学歴及び学位称号

京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程文化・地域環境学専攻修了

人間・環境学博士

業績・研究発表

賞与

1999 衣服研究振興会,衣服研究奨励賞

著作

2012.03 『祇園祭山鉾懸装品調査報告書-渡来染織品の部』祇園祭山鉾連合会,共著,154-157頁。
2013.03 『京都近郊の祭礼幕調査報告書-渡来染織品の部』祇園祭山鉾連合会,共著,24-50, 60-75, 76-83頁。​

論文

1998.03 「中国におけるベルベットの形成―地方志における用語の変遷を通して」帝塚山短期大学,織物文化研究会誌『はた』5号,35―47頁
1998.10 「慶長遣欧使節請来の祭服に関して」東京国立博物館,『Museum』552号,2月号,57―75頁
1999.03 「明清時代の天鵞絨に関して ― 織物組織の分析を中心に」『多摩美術大学研究紀要』14号,49―59頁
2001.02 「徳川美術館収蔵の通辞羽織に関して」東京国立博物館,『Museum』570号,2月号,41―63頁
2001.07 「中国地場産業の現状-南通の藍印華布に関して」『テキスタイルデザイン協会NEWS』20号,1011頁
2002.11 「メトロポリタン美術館収蔵の茶地草花文様ビロード陣羽織」『国際服飾学会誌』22号, 4049頁
2002.03 「伝直江兼続所用の胴服に関して-緞子の文様と織技を中心に-」『美術史』154号,227-242頁
2003.02 「メトロポリタン美術館とワシントン染織美術館における染織品の保存管理」『日本の美術』453号,86-98頁
2006.03 「京都市立芸術大学所蔵の染織裂コレクション-1」『京都市立芸術大学研究紀要』50号,77-102頁​
2007.03 「江西省高安市明代墓出土の官服に用いられた機と織技の推定」『民族芸術』23号,153-161頁
2007.03 「明末清初を中心とする中国と日本の繻子織物」『京都市立芸術大学研究紀要』51号,39-52頁
2007.03 「16-17世紀を中心とする中国交易と舶来染織品の受容」『京都市立芸術大学研究紀要』 51号,27-38頁
2007.09 「西教寺や本圀寺に伝来する花卉鳥獣文様刺繍-制作地と制作目的をめぐって」『京都造形芸術大学紀要』11号,101-119頁
2008.03 「サン・ジョヴァンニ・バティスタ教会とエル・エスコリアル修道院に伝来する輸出用刺繍」『京都市立芸術大学研究紀要』52号,57-60頁
2009.05 「欧州意匠の中国染織品」『美術フォーラム』19号,44-49頁
2009.10 「伝秀吉所用の花葉文刺繍ビロード陣羽織-制作地,制作年代,制作背景の推定」『美術史』167号,1-16頁
2011.03 「譲伝寺と臨濟寺に伝来する花鳥獣文様刺繍布-生産地・制作年代・記録・墨書・伝来の検討-」『京都市立芸術大学研究紀要』55号,3-15頁
2012.03 「日本に舶載された欧州輸出用の中国製染織品-刺繍ビロード6作品の意匠と技法を中心に-」『人文学報』102号1-22頁
2012.03 「中国における合糸・撚糸装置の展開」『京都市立芸術大学研究紀要』56号25-38頁
2013.03 「祇園祭の凾谷鉾の花鳥獣刺繍見送と水引」『民族芸術』29号154-164頁
2014.03 「テーマ演習 芸術と歴史-大船鉾再興に向けた音頭取りの衣裳デザインと裾幕の制作」『京都市立芸術大学研究紀要』
2014 “Bird, Flower, and Animal Design Embroideries Owned by The Metropolitan Museum of Art: Four Directional Composition Pieces” Metropolitan Museum Journal, Vol.49, pp.165-185.
2015.10 “Chinese Textiles Exported to Europe and Their Influences – 16th to 18th Centuries -”Silks from the Silk Road: Origin, Transmission, and Exchange, International Symposium Proceedings, Hangzhou, pp.169-174.

学会等における研究発表

1999.3 「大航海時代の中国・ヨーロッパ折衷文様について」美術史学会
1999.9 「伝豊臣秀吉所用の天鵞絨陣羽織に関して」意匠学会
2001.11 「伝直江兼続所用の胴服に関して」美術史学会
2002.6 「メトロポリタン美術館収蔵の西洋花文陣羽織に関して」国際服飾学会
2008.7 「伝豊臣秀吉着用の陣羽織に関して」美術史学会
2009.9 “Bird, Flower, Animal Design Embroideries Produced in China, Exported to Japan and Europe in the late 16th through the Early 17th Centuries””Centre International d′Étude des Textiles Anciens (C.I.E.T.A.)”
2009.7 「シルクロードの染織品」京都国立博物館夏期講座講演
2009.9 「黒川古文化研究所の花鳥獣文様刺繍布が語りかけること-その制作時期及びリスボンの作例の新たな位置づけ」民族芸術学会
2013.10 The International Expansion of Textiles with Flower, Bird, and Animal Designs, The Metropolitan Museum of Art “Interwoven Globe Symposium”.
2014.2 祇園祭・大津祭伝来の花鳥獣文様染織品-動物入りの絵画的構図を中心に-、意匠学会
2015.9 The Transformation of Pelican in Her Piety, Centre International d′ Étude des Textiles Anciens (C.I.E.T.A.)
2015.10 Chinese Textiles Exported to Europe and Their Influences in the 16th through 18th Centuries, “Silks from the Silk Road: Origin, Transmission, and Exchange, International Symposium, Hangzhou”.

その他の執筆

1998.09 「「文様は世界をめぐる」『太陽』,9月号,92―93頁
2006.07 「三面宝珠羯磨文様準複様綾組織緯錦」『美』170号,表紙解説
2007.09 「飛鶴御所車文様辻が花」『美』172号,表紙解説
2009.08 「染の作品に響く詩的な叙情性」『SOME 染清流館』No.8,巻頭頁
2009.11 「若き染色作家の心象と作品を視る」『季刊きもの』178号,3頁
2010.11 「特別授業 祇園祭-橋弁慶山のみどころ」『美』182号,30-34頁
2011.05 「作家探訪 渋谷和子」『SOME 染清流館』No.12,3頁
2011.11 「テーマ演習:芸術と歴史-祇園祭の楽しみ方(美大生編)の報告と今後の課題」『美』185号,35-42頁
2014.07 「150年ぶりに復興された祇園祭の大船鉾-芸大生が衣裳デザインと裾幕を制作-」『染織情報α』No.7,4-5頁

展覧会コーディネーション等

1984 ナム・ジュン・パイク展 東京都美術館
1989 日本のポスター史展 世界デザイン博覧会
1992 アート・イン・パブリック展 日本コンテンポラリー・アート・フェアー
1994 戦後日本の前衛美術展 グッゲンハイム美術館
近代日本画の一世紀展 セントルイス美術館

作品の管理・保存・展示

1989 コーカサス絨毯展 テキスタイル・ミュージアム
1989-90 第31室・第41室保存プロジェクト テキスタイル・ミュージアム
1990 エド・ロスバック展 テキスタイル・ミュージアム
ナバホの芸術展 テキスタイル・ミュージアム