閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

総合基礎実技

30年以上の実績をもつユニークな実技カリキュラム「総合基礎実技」とは

本学の芸術教育の特色は,創造活動の土台となる基礎力の育成を重視する点にあります。なかでも「総合基礎実技」は,美術学部の教育において既に30年以上の実績をもつユニークな実技カリキュラムです。

美術科,デザイン科,工芸科,総合芸術学科のすべての新入生は,入学後すぐに専攻別カリキュラムに分かれるのではなく,1年次前期の半年間にわたって総合基礎実技を履修します。学生は,所属の科や専攻に関係なく混成され,授業を担当する教員も,実技や学科にかかわらず専門分野の枠をこえて参加します。

授業目的

この授業の目的は,さまざまな素材や技術,発想にふれるなかで,「自分が自然や社会とつながって生きていること」のなかに芸術表現の根底があることを自覚し,また,さまざまな造形芸術の奥深さや相互の結びつきを感じ取ることにあります。

さらに,科や専攻の枠を越えて課題に取り組むなかで,さまざまな方向性をもった学生同士,学生と教員同士の間にコミュニケーションが生まれます。そうしたなかで自己の視野を広げ,多様な専門領域の人と人との間に交友関係を築いていくことも,本学で芸術という大海に船出するための豊かな基礎になるのです。

授業内容

美術学部の新入生全員が所属の科に関係なく4クラスに編成され,実技や学科,専門分野の枠を超えた教員組織の指導による領域横断型の授業です。受験実技から,創作の世界へとスタートをきる上でとても重要なプログラムです。

授業では,「見ること」「描くこと」「つくること」「伝えること」など,造形芸術の各領域に通じるテーマにもとづいて複数の課題を行います。関連講義,ワークショップ,チュートリアル(個別指導),個人またはグループによる制作,学外研修,発表,合評を組み合わせた多彩な内容で展開されます。

過去の総合基礎実技