シンポジウムとコンサート「糸が紡ぐ音の世界」の報告

織物と織りにまつわる音,記すこと(ノーテーション)に関するシンポジウムとコンサート「糸が紡ぐ音の世界」が,2019年2月16日に本学大学会館にて開催された。2部構成からなり,第一部にシンポジウム,第二部では藤枝守氏(九州大学芸術工学研究院教授)作曲の委嘱新作の発表が行われた。また,演奏の前には藤枝氏,伊藤悟氏(国立民族学博物館外来研究員),藤野靖子(本学美術学部教授)の3人によるトークが行われ,藤枝氏が委嘱新作の作曲の際,織機の振動から得た発想を中心に議論が交わされた。 (さらに…)

柿沼敏江退任記念「フルクサスを語る」の報告

本イヴェントは,柿沼敏江(芸術資源研究センター所長・音楽学部教授)が2018年度末で本学を退任することを記念し,音楽学部と共同で開催された。柿沼所長は芸術資源研究センターの開設以来,「フルクサスのオーラル・ヒストリー」のプロジェクトに携わり,今回の退任イヴェント自体が研究成果の報告といった趣旨を含むものとなった。全体は退任記念講演,シンポジウム,コンサートという3部構成で行われた。 (さらに…)

「MAMリサーチ006:クロニクル京都1990s―ダイアモンズ・アー・フォーエバー,アートスケープ,そして私は誰かと踊る」の報告

 

森美術館では,アジア各国と日本各地のアーカイブ,研究機関,研究者との協働を前提とし,作品に限らない映像,写真,文書,史料などを紹介する企画展示「MAMリサーチ」が2015年から企画されている。1990年代の京都のアートシーンを扱いたいという提案が椿玲子氏(森美術館キュレーター)から芸術資源研究センターに寄せられ,1990年代の資料調査に着手していた石谷治寛(芸術資源研究センター非常勤研究員)が共同企画者となり,調査中の資料を活用した小企画が実現した。「MAMリサーチ006:クロニクル京都1990s―ダイアモンズ・アー・フォーエバー,アートスケープ,そして私は誰かと踊る」と題されたこの小企画展は,1989年に大阪ではじまり,1991年から京都のCLUB METROで30年近く続いているドラァグクイーン・パーティー「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」や,アーティスト,ギャラリスト,演劇プロデューサーが協同で一軒屋を借りてシェアオフィスとして活用した「アートスケープ」の資料を整理し直し,アーティスト集団ダムタイプのまわりで展開していた,クラブイベントやアーティストが参加したHIV/エイズにまつわる取り組みについて,総体的に明らかにするものになった。展示期間中には,2度のトークセッションも行い,関連イベントとして豪華なドラァグクイーン・パーティーも実現し,充実したものとなった。ここでは経緯,展示の特徴,関連イベントをまとめておきたい。 (さらに…)

シンポジウム 「過去の現在の未来2 キュレーションとコンサベーション その原理と倫理」の報告

現代美術の保存・修復の意義や課題についてのシンポジウム「過去の現在の未来2」が,2017年11月23日に兵庫県立美術館にて開催された。当研究センター所長の石原友明は,開会あいさつで,第1弾にあたる2015年のシンポジウム「過去の現在の未来」と古橋悌二の《LOVERS―永遠の恋人たち》の修復事例に触れ,開催趣旨を述べた。また,本シンポジウムのモデルケースとなった國府理《水中エンジン》の再制作と,《LOVERS》の修復における共通点として,作者が他界した状況での試みであることを指摘した。その上で,制作者としての立場から,「作品は,作者の手を離れて初めて,開かれたかたちで勝手に観客と関係を結び始めるという幻想を個人的に抱いている。作者の不在が作品を完成させると言ってもいい。作品を安定した状態に保つことが保存の基本だが,本来の生き生きとした状態から遠ざけてしまう場合がある。作品を生きた状態で保存する,動的な保存の可能性があるのではないか。物質的な安定性とともに,作品が生きた記憶をどのように引き継ぐのかを考えることが,現代美術の保存修復において必要なのでは」と問題提起を行った。 (さらに…)

シンポジウム「過去の現在の未来 アーティスト,学芸員,研究者が考える現代美術の保存と修復」の報告

SONY DSC SONY DSC

SONY DSC SONY DSC

SONY DSC

芸術資源研究センターは,国立国際美術館との共催でシンポジウム「過去の現在の未来 アーティスト,学芸員,研究者が考える現代美術の保存と修復」を開催した。国立国際美術館・館長の山梨俊夫氏による挨拶に続き,当センターの加治屋健司が古橋悌二《LOVERS——永遠の恋人たち——》の修復・保存に関する取り組みの概略を述べた後,4名の発表者が事例研究を報告した。 (さらに…)

共催事業「レクチャー&シンポジウム 中欧の現代美術」の報告

IMG_4746
クリコテカ外観 撮影:マリア・ポプシェンツカ
Cricoteka photo:Maria Poprzęcka

 本年は,中欧に位置するポーランド,チェコ,スロヴァキア,ハンガリー,すなわちV(ヴィシェグラード)4国と日本との交流年である。本企画は,この交流年を記念して,V4国やその周辺諸国と日本における芸術を取り上げ,その特殊な歴史的経緯をふまえつつ,それぞれの国において芸術がどのように受け継がれ,また社会においてどのような役割を果たしてきたのかという点に注目するものである。 (さらに…)

京都市立芸術大学芸術資源研究センター開設記念事業の報告

 symposium.01

 京都市立芸術大学の創立記念日に当たる7月1日に芸術資源研究センターの開設記念事業を開催した。京舞井上流の井上安寿子氏による祝舞で幕を開けた第一部の創立記念式典では,建畠晢学長の挨拶のあと,来賓代表として門川大作京都市長,中村三之助京都市会議長にご祝辞を頂いた。 (さらに…)

アーカイブ

ページトップへ戻る