閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

令和6年度前期 伝音セミナー -日本の希少音楽資源にふれる-
〈第二回〉 江戸期の流行歌を歌ってみよう -常磐津への摂取例から-

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターでは、「伝音セミナー -日本の希少音楽資源にふれる-」を開催します。

本講座は、日本伝統音楽研究センターの教員や研究員が講師となり、SPレコード等に残された貴重な演奏音源などを紹介する無料の講座です。

日本の伝統音楽に触れるのは初めてという方も、是非この機会に御参加ください。

令和6年度前期伝音セミナー|案内チラシ(368KB)

令和6年度前期「伝音セミナー -日本の希少音楽資源にふれる-」
第二回: 江戸期の流行歌を歌ってみよう -常磐津への摂取例から-


講師| 常磐津 若音太夫(竹内 有一)
    (日本伝統音楽研究センター教授)


江戸時代、人々が親しみ口ずさんでいたであろう様々な流行歌は、常磐津節にも摂取されています。
いくつかの事例について、歌の由来や引用された理由を紐解きながら、実際に三味線の音にのって声に出してみることで、その特徴をつかみます。


日時| 2024年7月25日(木曜日)
    午後2時45分〜4時15分

会場| 京都市立芸術大学 伝音セミナールーム
    (京都市下京区下之町57-1 A棟1階)

定員| 各回50名

申込| 不要

受講料| 無料

問合せ先| 京都市立芸術大学事務局
      共創テラス・連携推進課
      電話 075-585-2006
      E メール public@kcua .ac.jp

主催| 京都市立芸術大学
    日本伝統音楽研究センター

イベント会場

日本、〒600-8207 京都府京都市下京区上之町19−10