閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

伝音ライブ! 第3回×音楽学部・音楽研究科の創造のためのリサーチプレゼンテーション」共創企画
「ルイジ・アントニオ・イルランディーニの尺八音楽」

2024年6月28日(金曜日)、日本伝統音楽研究センター 伝音セミナールームにて「伝音ライブ!」第3回を開催します。

今回は 「伝音ライブ!」 および 「音楽学部・音楽研究科の創造のためのリサーチプレゼンテーション」 の共創企画として、作曲家・尺八奏者で、 かつ国際交流基金フェローとして来日中の、ルイジ・アントニオ・イルランディーニ氏をお迎えし、イルランディーニ氏自身の吹奏による自作曲および古典本曲をお聴きいただきます。

西洋と非西洋、音楽と哲学、現代と古代、そういったさまざまな対概念が織りなす共存・深化・循環のコスモロジーを響かせます。

日系ブラジル移民音楽研究者の細川周平伝音センター所長との対談コーナーもございます。

午後のひとときを新キャンパスでお楽しみください。

 

案内フライヤー[731KB]

 

   日 時| 2024年6月28日(金曜日) 午後4時30分〜午後5時30分

   会 場| 京都市立芸術大学 伝音セミナールーム
       (〒600-8601 京都市下京区下之町57-1 A棟1階)

   入場料| 無料

   申 込| 不要(先着50名)

 

   内 容| 

   ゲスト: ルイジ・アントニオ・イルランディーニ Luigi Antonio Irlandini
        (作曲家、尺八奏者、サンタ・カタリーナ大学音楽芸術センター UDESC CEART兼任教授)

   プログラム: 鳳凰 尺八独奏のための Ho-oo for shakuhachi solo

          虚空 古典本曲 Koku [classical piece]

          ウロボロス 尺八と2台のコントラバスのための*
          Uroboros for shakuhachi solo and 2 double basses
          * コントラバス演奏 瀬戸田 優貴(音楽学部弦楽専攻3回生)
                     池上 真宝(音楽学部弦楽専攻2回生)

          〈所長対談〉 ルイジ・イルランディーニ × 細川 周平

          ナビゲーター: 中村 典子(音楽学部・大学院音楽研究科准教授)


   主 催| 日本伝統音楽研究センター

   後 援| 国際交流基金

  問合せ先| 事務局 共創テラス・連携推進課

        TEL 075-585-2006(平日 午前8時30分~午後5時15分)
        Eメール public@kcua.ac.jp

イベント会場

日本、京都府京都市下京区下之町57−1 京都市立芸術大学