閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

金氏徹平

  • 役職:准教授
  • 専攻:美術科(彫刻専攻)
  • 専門:彫刻

関連サイト:http://teppeikaneuji.com/

略歴

1978 京都府生まれ
2001 京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業
ロイヤル・カレッジ・オヴ・アート(ロンドン)彫刻科交換留学
2003 京都市立芸術大学大学院修士課程美術研究科彫刻専攻修了
2010 京都市立芸術大学専任教員

最終学歴及び学位称号

京都市立芸術大学大学院美術研究科修了

修士(美術)

業績・研究発表

受賞歴

2002 京都市立芸術大学制作展 奨励賞
2010 咲くやこの花賞 美術部門
  【パブリックコレクション】
  横浜美術館、森美術館、広島市現代美術館、高松市美術館、東京都現代美術館

個展・グループ展

主な個展
2002 「空白と漂泊」 児玉画廊(大阪)
2003 「白煙と濃霧」 児玉画廊(大阪)
2004 「小動物と大洪水」 児玉画廊(大阪)
「白夜のユーレイ」 児玉画廊(東京)
2006 「飛沫と破片」 児玉画廊(大阪)
「liquid collage」 TAKEFLOOR(東京)
「phenomenon」 児玉画廊(東京)
2007 「金氏徹平展 splash & flake」 広島市現代美術館[ミュージアムスタジオ](広島)
「smoke & fog」 児玉画廊(東京)
「hole & all」 児玉画廊(大阪)
2008 「TEAM 10 金氏徹平『Ghost In The City Lights』」 トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)
「Great Escape」 project room sasao (秋田)
2009 「金氏徹平展: 溶け出す都市、空白の森」 横浜美術館(神奈川)
「Tower」 Roslyn Oxley9 Gallery(シドニー、オーストラリア)
「変成態―リアルな現代の物質性」 gallery αM(東京)
2010 「Recent Works “Post Something”」 シュウゴアーツ(東京)
「Ghost in the Museum」 兵庫県立美術館(兵庫)
2011 「Ghost in the City Lights」 Eslite Gallery(台北、台湾)
「POST-NOTHING」 Roslyn Oxley9 Gallery(シドニー、オーストラリア)
2013 Towering Something」 Ullens Center for Contemporary Art(北京)
主なグループ展
2001 「主張テン」 gallery ARTISLONG(京都)
2002 「俯瞰景」 neutron(京都)
2003 「日重」ギャラリーそわか(京都)
「KOBE ART ANNUAL 2003-Grip the Gap-」 神戸アートビレッジセンター(兵庫)
2004 「Art Court Frontier 2004 #2」 ARTCOURT Gallery(大阪)
「Art in Transit Vol.6」 パレスサイドホテル(京都)
「Re SPORTS (Re OLYMPICのプレ・イヴェント)」 STUDIO EARKA(大阪)
2005

「Table Tennis Players」 art project room ARTZONE(京都)

[アーティストユニットCOUMAのメンバーとして]

「ignore your perspective」 児玉画廊(東京)

「横浜トリエンナーレ 2005」  山下埠頭(神奈川)

[アーティストユニットCOUMAのメンバーとして]

2006 「ignore your perspective 2」 児玉画廊(大阪)
「With Marcel Duchamp」 児玉画廊(東京)

「大和ラヂヱーター製作所ビューイングルームvol.1」

大和ラヂヱータービューイングルーム(広島)

「ALLLOOKSAME?/ TUTTTUGUALE?: Arte Cina Giappone Corea Art」

サンドレット・レ・レバウデンゴ財団(トリノ、イタリア)

2007 「Mixed Signals」 Ronald Feldman Gallery(ニューヨーク)
「笑い展:現代アートにみる『おかしみ』の事情」 森美術館(東京)
「ignore your perspective 3」 児玉画廊(大阪)
「VOCA展2007 現代美術の展望‐新しい平面の作家たち」 上野の森美術館(東京)
「美麗新世界:当代日本視覚文化」 Long March Space、Inter Arts Center、東京画廊+BTAP(北京)/広東美術館(広州)
「Exhibition as media」 神戸アートビレッジセンター(兵庫)
2008 「MOTアニュアル2008 解きほぐすとき」東京都現代美術館(東京)
「タンジェント:TANGENT」 国際芸術センター青森ACAC(青森)
2009 「Re: Membering」 Gallery LOOP(ソウル、韓国)

「MOTコレクション 夏の遊び場 ― しりとり、ままごと、なぞなぞ、ぶらんこ」

東京都現代美術館(東京)

「WARM UP」 民生現代美術館(上海、中国)
「Platform 2009 Projects by Invited Curators」 KIMUSA、ほか(ソウル、韓国)

「広島アートプロジェクト2009 いざ、船内探検!吉宝丸 展」

広島市中区吉島地区各所(広島)

「City-net Asia 2009」 Seoul Museum of Art (ソウル、韓国)
「Twist and Shout」 Bangkok Art and Culture Centre (バンコック、タイ)
2010 「手感的妙」 Project Fulfill Art Space (台北、台湾)
「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」 サントリーミュージアム[天保山](大阪)

「ONE AND J. GALLERY at PIERRE KOENIG」

Pierre Koenig Case Study House #21(ロサンゼルス、アメリカ)

「Yellow Gate」 Sangrok Gallery, Gwangju Museum of Art (カンジュ、韓国)
「大衆絵画選抄」 Daiwa Press Viewing Room(広島)
2011 「Making is Thinking」 Witte de with (ロッテルダム、オランダ)

「JAPANCONGO」Le Magasin – Centre National d'Art Contemporain

(グルノーブル、フランス)

「Singapore Biennale」 National Museum of Singapore(シンガポール)
「pacific」 Scion Installation LA (ロサゼルス、アメリカ)
「Extra Schicht 2011」 (Dortmunder U, ドイツ)
「フィギュアたちの人生」 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀)
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011」 (神戸)
「世界制作の方法」国立国際美術館 (大阪)
2013-2014 「Mono No Aware. Beauty of Things. Japanese Contemporary Art」 エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルク)

論文・著書

2009

「溶け出す都市、空白の森」 赤々舍

(横浜美術館での個展に向けて制作した作品を掲載した作品集。3月20日発行 143p)

作品

2009 横浜美術館での展示風景
白地図
White Discharge(Wrestlers)
Teen Age Fan Club
作品集「溶け出す都市,空白の 森」
2011 Games, Dance & the Constructions

作品

White Discharge(Wrestlers)

Games, Dance & the Constructions

Teen Age Fan Club

白地図

横浜美術館での展示風景