閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

令和2年度後期 オンライン伝音セミナー第5回 琴歌《高山》の打譜

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センターでは,令和2年度(後期)「オンライン伝音セミナー 日本の希少音楽資源にふれる」をライブ配信しますので,お知らせします。

今年度の前期は,新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,例年開催してきた日本伝統音楽研究センターの講座やセミナー等も中止を余儀なくされました。そこで後期では,コロナ禍の中多くの皆様に気軽に御参加いただけるよう,オンラインで伝音セミナーを実施することといたしました。

日本の伝統音楽に触れるのは初めてという方も,ぜひこの機会にご視聴ください。

チラシ[802KB]

講座タイトル オンライン伝音セミナー 第5回 琴歌《高山》の打譜
日時 2021年2月4日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
講師 張曦媛(大学院音楽研究科日本音楽研究専攻)
内容 琴歌は古琴音楽の一つとして,長い歴史を持ち,中国では,今でも吟唱されているジャンルです。日本に残されている『東皐琴譜(とうこうきんぷ)』という楽譜の掲載曲のひとつ《高山》に焦点をあてて,明清時代の琴歌を復元し,演奏してみたいと思います。古琴という楽器,また「打譜」という独自の慣習についても,紹介します。
受講料 無料
申込 不要
動画公開

日本伝統音楽研究センターのFacebookページから,ライブ配信動画を無料で御覧いただけます。(Facebookアカウントを持っていない方も閲覧可能)

日本伝統音楽研究センター|Facebookページ

問合せ先

事務局 連携推進課事業推進担当

※午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)

電話:(075)334-2204

Eメール:public@kcua.ac.jp

関連ページ

日本伝統音楽研究センターのページ