閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

講座内容 | でんおん連続講座 特別編「祝賀能〈翁〉付〈高砂〉を考える」【後編】「〈翁〉付〈高砂〉の舞台・演技・演出」(全5回)

 開催期間| 2024年4月3日(水曜日)〜5月1日(水曜日) *実施日の内訳は下記をご確認ください。

 

 会  場| 京都市立芸術大学 伝音セミナールーム(京都市下京区下之町57-1 A棟1階)

 

 定  員| 40名

 

 受 講 料 | 5,000円(全5回分)

 

 

案内フライヤー[1MB]

 申込方法

  下記のリンクから申込フォームにお進みのうえ、お申し込みください。(申込期間中のみ接続します)

 【後編】申込フォーム
 申込期間: 2024年3月13日(水曜日)10:00~3月27日(水曜日)17:00[先着順]

  ・WEB以外のお申込みは一切受け付けません。

  ・1回のお申込みにつき、原則1名のみ受け付けます。

  ・未就学児童の入場はご遠慮ください。

  ・重複のお申込み、期間外のお申込みは無効とします。

  ・定員に達し次第、申込受付を終了いたします。 申込受付を終了した場合は本学ウェブサイトでお知らせします。

  ・申込の結果は、受付完了より1週間以内を目処に、ご登録のメールアドレスにお知らせしますのでご確認ください。

  ・受講料はそれぞれの会期初日の受付にて徴収いたします。

  ・お預かりした個人情報は、本講座にかかる目的以外では使用せず、1か月を目途に廃棄します。

 内 容

  * 案内フライヤーの裏面でもご確認いただけます

 第1回: 東アジアにおける松の意味と造形

 日時| 2024年4月3日(水曜日)18:30〜20:00

 

 講師| 竹浪 遠 (本学教授/東洋美術史)

 

 松は日本や東アジア地域で古くから重要な植物モチーフとして表され、 日本の能楽にも登場します。
 その長くて多彩な意味と造形の流れをたどります。

 第2回: インタビュー 笛方に聞く

 日時| 2024年4月11日(木曜日)18:30〜20:00

 

 話し手| 森田 保美 (能楽笛方森田流)

 聞き手| 藤田 隆則 (日本伝統音楽研究センター教授)他

 

 〈翁〉付〈高砂〉の笛を勤めていただく森田保美氏に、〈翁〉と〈高砂〉の演出や、その聞きどころを解説していただきます。

 第3回: インタビュー シテ方に聞く

 日時| 2024年4月17日(水曜日)18:30〜20:00

 

 話し手| 金剛 龍謹 (能楽シテ方金剛流、本学音楽学部非常勤講師)

 聞き手| 藤田 隆則 (日本伝統音楽研究センター教授) 他

 

 〈高砂〉のシテを演じていただく金剛龍謹氏に、その見どころを解説していただきます。
 また、ご宗家が舞われる〈翁〉についてもふれていただきます。

 第4回: インタビュー 小鼓方に聞く

 日時| 2024年4月25日(木曜日)18:30〜20:00

 

 話し手| 吉阪 一郎 (能楽小鼓方大倉流)

 聞き手| 藤田 隆則 (日本伝統音楽研究センター教授) 他

 

 〈翁〉付〈高砂〉の小鼓(頭取)を勤めていただく吉阪一郎氏に、〈翁〉と〈高砂〉の演出や、その聞きどころを解説していただきます。

 第5回: 〈翁〉〈高砂〉の特殊演出

 日時| 2024年5月1日(水曜日)18:30〜20:00

 

 講師| 高橋 葉子 (京都市立芸術大学客員研究員)

 

 〈翁〉〈高砂〉の囃子には、他の作品では行われることのないさまざまな特殊演出が組みこまれています。

 祝言性を高めるための特殊演出について解説します。

 

 

イベント情報へ戻る

 

企  画| 藤田隆則(日本伝統音楽研究センター教授)

 

主  催| 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

問合せ先| 事務局連携推進課 事業・広報担当
      Tel  075-585-2006 (平日8:30〜17:15)
      Fax 075-585-2019
      Eメール public@kcua.ac.jp