閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

〈翁〉と〈高砂〉インタビューとエッセイ

2024年5月3日(金曜日・祝日)、京都市立芸術大学 堀場信吉記念ホールにて、移転記念事業の一つとして、 『祝賀能〈翁〉付〈高砂〉』が行われます。

このページでは、公演をより理解し、楽しんでいただくために、出演者へのインタビューや、能楽に関わる研究者・アーティストたちのエッセイなどを随時掲載していきます。

 

翁高砂イメージ

 

〈翁(おきな)〉は、「能にして能にあらず」と言われ、他の演目とは一線を画す、古風な様式を持つ能楽の演目です。正月などの祝いの場で演じられ、京都では平安神宮や八坂神社の新春奉納などが有名です。

〈翁〉の後に据えられている能を脇能と呼び、祝賀能では、〈高砂(たかさご)〉という演目が脇能として行われます。〈翁〉は能楽師の金剛永謹氏(本学客員教授)により、〈高砂〉は能楽師の金剛龍謹氏(本学音楽学部非常勤講師)により演じられる予定です。